できる女子は家具や収納箱を増やさない!シンプルライフは充実の日々

スポンサーリンク
728×90




気が付かないうちに物って家の中にあふれかえっていきます。例えば、季節ごとに衣替えをする度に、今年は着るだろうと出している何年も着ていない服、たくさん有ることに驚くと共に、また今年も流行の服を買ってしまった。その季節の終わりに『来年は着るかもしれない』なんて思いながら仕舞う作業を始め、入りきらないからって新しく家具とか、収納箱購入していませんか?入れ物を買うと、物はどんどん増えていくのです。

家具や収納箱は新しく買わないと決める

物が増える度に収納箱を買うと、当然、中に納まるので見た目は綺麗になります。しかし、お部屋の中のスペースって限られています。収納場所が増えると生活スペースが減ってしまうと言う事です。

広くとったウォーク・イン・クローゼットも適度に収納されていると良いのですが、そこに収納箱を毎年増やしていくと、ウォーク・イン・出来ないクローゼットになってしまいます。そこで家具・収納箱等を買わないと決めると、

  • 『何年も着なかったTシャツ』
  • 『何年も使わなかった綺麗な包装紙』とか
  • 『何時かは出番が来るだろうと大事にしまっていた洋服』

買った当時はどんどん着ていたのにもう流行遅れになって着られないけど次の流行まで、と思っていても、なかなか同じパターンでは流行はやって来ません。

誰かにあげるか、買い取り業者に持っていくなどして、物を減らしていき、紙切れ一枚でも減らしていくと、徐々に自分が持っているものを把握できる様になります。

だから、

『同じものをまた買ってしまった・・・。』

なんてことも無くなります。家具を増やさないとお部屋がシンプルで住みやすく、片付け易くなるのです。

海外(カナダ)に学ぶシンプルライフ

私は、社会人になって随分たってから、カナダに語学留学をしました。ホームステイ先では様々な生活に関することを学ぶ事が出来ました。大人だからこそ気が付く事ってあります。

服に関しては、クローゼットに入るだけのもの、きらびやかな1度か2度位しか着ない服は買わない。洗って清潔にすることが一番。服のコーディネイトを変えて少ない物の中から賢く着まわしていました。これって凄いですよね。

無駄なお金は使わない。その代わりにインテリアは素敵で、余裕さえ感じられました。食物は地下室に缶詰から保存食品や、数種類のジャムの手作りなどたくさんありました。何を重要とするかによって時間に余裕が出来てくるのです。

余った時間は散歩とかガーデニング、休みの日にはクッキー・チーズ・コーヒーの用意をしてピクニックに出かける。とっても自然でシンプルな日々でした。

帰国してから、さあ私もシンプルライフ実践と思っても物があふれかえっていて、10年以上たって今ようやくシンプルライフに近づきつつあります。

シンプルになると余裕ができるのです

シンプルに成れば成る程、掃除も早く出来るし、衣替えの時間も短縮、どんな洋服を持っているか一目瞭然。同じものをまた買ってしまう失敗が無くなります。これって無駄が無くなって良いですね。

部屋のスペースにも余裕が出来、気持ちもスッキリ楽になります。整然とした部屋で好きな音楽を聴きながら、ティータイム。たまには自家製クッキーを焼く余裕も出来てうれしくなってきませんか。

なんだか公園でピクニックでもしたくなってきますよね。

最後に

シンプルに生きる生活、「フランス人は10着しか服を持たない」がとても流行りましたよね。次の記事で実践した結果についてご覧ください。

「フランス人は10着しか服を持たない」?シンプルで豊かになる生活方法を実践してみた

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら