気づかぬうちに虫歯になって歯が次々と抜けていく!悪性虫歯に要注意!

スポンサーリンク
728×90

大人になってから歯医者に通う回数が減っていませんか?子どものころは親も虫歯に気付くたびに、歯医者へ行っていたと思います。しかし、大人になった今はどうでしょう?虫歯がないか鏡でチェックすることも、減ってはいないでしょうか。筆者自身も歯磨きは毎食後していますが、なかなか虫歯を自分でチェックしたり、ましてや歯医者に行ってまで確認するということはなかなかありません。しかし、油断していると30代からでも虫歯で歯が抜けてしまうことがあるのです。そして、虫歯になっていることに気付かない悪性虫歯という虫歯が急増しているそうです。今回は、恐ろしい悪性虫歯についてご紹介します。

歯が悪性虫歯により抜けてしまう

悪性虫歯の特徴は、恐ろしいことに虫歯になっていることに気付かないのです。よくある虫歯は痛みを感じ、「もしかして?」と鏡で歯を見て黒くなっている虫歯を見つけることはありますよね。

しかし、悪性虫歯はその痛みを感じないため、自覚症状がなく虫歯が進行してしまうのです。なぜ痛みを感じないかというと、大人の歯は神経から痛みを守ろうと象牙質が厚みを増し、虫歯菌が神経に届かないようにしています。

そして、このまま痛みに気付かず放置していると、なんと歯が抜けてしまうというのです。歯が抜けるのはお爺ちゃんお婆ちゃんになってからと思ってしまいますが、実は30代からでも悪性虫歯の場合は歯が抜けてしまいます。

歯が1本抜けると次々に抜けてしまう可能性も

1本悪性虫歯により歯が抜けてしまうと、みるみる次々に歯が抜けてしまう可能性があります。実際に30代から毎年1本ずつ歯が抜け落ち、50歳になる頃には全ての歯を失ってしまったという人もいます。ということは、健康な歯も道ずれにしてしまうということです。

1本虫歯になると次々と歯が虫歯になり抜けてしまうのは、抜けた歯の骨が溶けてしまうのが原因となります。抜けた歯の下の骨は自分はもう用無しと判断し、その骨は溶けて無くなってしまうそうです。

正しい歯磨きと定期的なチェックが大切

では、悪性虫歯にならないためにも、正しい歯の磨き方を覚えましょう。

正しい歯の磨き方

  1. 歯ブラシは鉛筆を持つ時と同じように持ち、ソフトに優しく磨いていきます。
  2. 歯ブラシの毛先をしっかり歯にあてて、歯茎ではなく歯を磨きます。歯を磨くことで、歯と歯の隙間や歯と歯茎の間に溜まる歯垢も取り除くことができます。

そして、正しく歯を磨くことはもちろんですが、歯磨きだけでは虫歯の有無を確認することはできませんよね。なんせ、悪性虫歯は痛みを感じないのですから、定期的に歯医者さんへ行って診てもらうようにしましょう。目安は、半年に一度が良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?このように、悪性虫歯は痛みがなく進行すると歯が抜ける恐ろしい虫歯だったのです。悪性虫歯のことを知れば知るほど、これから自分自身も子供たちへの歯磨きもしっかり行っていかなくてはと思いますよね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら