空気が乾燥する冬に気を付けたい!心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性もある冬のかくれ脱水について

まだまだ空気が乾燥して寒い日が続きますが、このような気候のときこそ注意してほしいのが「脱水症状」です。脱水症状が起きるのは大量に汗をかく夏場と思っていませんか?しかし、実は冬の寒い時期にも脱水症になる危険があり、冬だからこそ気を付けたい症状なのです。これを「かくれ脱水」と呼んでおり、自覚がないまま脱水症状の寸前まできている状態なのです。もしかすると、あなたもかくれ脱水の可能性があるかもしれません。それでは、かくれ脱水の症状や予防法、かくれ脱水と思われる身体のサインについてご紹介しましょう。

かくれ脱水とは?

かくれ脱水とは、体重の1~2%ほどの水分が減ってしまう状態のことを言います。自覚症状がなく体内の水分が減少してしまうのですが、体内から水分が多量に減少してしまうと、血液がドロドロになり血管が詰まってしまう危険もあるのです。

悪化すると心筋梗塞脳梗塞臓器機能の低下といった、恐ろしい病気を引き起こす可能性もあります。

他にも、体内の水分が減って血液の流れが悪くなると、脳への血流が減ることで集中力が低下したり、消化器の血流が減ることで食欲がなくなるといった症状もあります。どうして冬に脱水症状になるの?

冬はそれほど汗をかかないのに、どうして脱水症状を引き起こすのでしょう。その原因について、ご紹介します。

冬の乾燥によるもの

冬といえば乾燥に悩まされる方も多いですよね。人は快適に過ごせる湿度は50~60%と言われており、冬は湿度が50%以下になることも多くあります。外気が乾燥することで、知らないうちに体内の水分量が失われてしまうのです。

冬に水分補給のイメージがない

こまめな水分補給は、夏の熱い時期というイメージがどうしても付いてきてしまいます。そのため、冬に水分補給が必要という意識が薄れてしまい、必要な水分が摂取できていない状態に陥りやすいのです。

また、何かを飲みたいという気持ちがなくなったり、寒いトイレに何度も行きたくないといった理由から、水分補給を遠ざけてしまうこともあります。

冬に感染しやすいウイルスによるもの

冬はウイルス性の胃腸炎やインフルエンザ、風邪などを引き起こしやすいため、嘔吐や下痢、発熱から脱水症状を引き起こす可能性もあります。

かくれ脱水を見極めるポイント

かくれ脱水かどうか、身体にあらわれるサインについて知っておくことも大切ですね。以下のような症状が見られる場合、かくれ脱水かもしれません。

  • 肌が乾燥する
  • 口の中がねばねばする、口が渇く
  • 身体の怠さ、めまい
  • 尿の色が濃い

これらの症状は、主にかくれ脱水の初期症状と言われています。さらに脱水症状が進行すると、頭痛や吐き気、筋肉のけいれんを引き起こすこともあるようです。

かくれ脱水の予防法

冬に脱水症状を引き起こさないために、予防や対策をしておくと安心です。

こまめな水分補給

冬でもこまめな水分補給を意識しましょう。食事は果物や野菜といった水分が多い食材を摂りいれ、身体が冷えすぎないようぬるま湯や常温を飲むのもおすすめです。

温かいお茶やホットコーヒーは身体を温めるため冬に飲みたい飲み物ですが、カフェインを含む飲み物は利尿作用があるため、水分補給にはおすすめできません。アルコールも同様ですね。

OS-1といった経口補水液の摂取

経口補水液は、体液とよく似たバランスでできた飲料水で、OS-1という名前でも耳にするのではないでしょうか。冬に感染しやすいノロウイルスやロタウイルスで起こる下痢や嘔吐によって、脱水症状を引き起こしやすいため、水だけでは補給しきれない分を経口補水液で補いましょう。

実は経口補水液は、自宅で簡単に手作りできるのを知っていますか。水1ℓに対し、砂糖40gと塩3gを混ぜるだけなので、わざわざ購入する手間も省けますね。レモンやグレープフルーツを一緒に加えると、爽やかな口当たりで飲みやすくカリウムも補給できるので、一石二鳥です。

室内環境を整え乾燥を防ぐ

室内の乾燥を防ぐために、加湿器を活用するのもおすすめです。湿度は常に50~60%を保つようにしましょう。加湿器の代わりに濡れたタオルをかけたり、乾燥を防ぐためにハンドクリームやボディクリームを使うのもおすすめです。

特に赤ちゃんや幼児、高齢者は要注意!

高齢者は体内の水分量が50%ほどで、成人男性と比べ10%ほど少なく加齢とともに体内の水分量が減少するため、脱水症状を引き起こす可能性があります。また、赤ちゃんや幼児はもともとの水分量は多いのですが、代謝が活発で水分を失いやすく、大量に汗をかくため脱水症状に注意が必要なのです。

そして、自分から水分補給をすることが難しくなる高齢者や、自分の欲求を口に出せない赤ちゃんや乳幼児は、周囲の家族や身近な人が気にかけてあげることも大切なのです。

最後に

いかがでしたか?かくれ脱水は自覚症状がないというだけで、怖いですよね。乾燥が続く今の時期だからこそ、こまめな水分補給が大切ということなのです。みなさんも、かくれ脱水といった脱水症状に注意してくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら