初心者は試供品やお試し宅配から始めよう。定期宅配野菜を使うメリットと注意点について!

野菜の値段が高騰していますね。日々、食べるものですから、安全でおいしいものを安く手に入れたいものですよね。道の駅や近所の八百屋さん等で地場野菜を買うことも節約につながりますが、定期宅配野菜を上手に活用することによって、安全で美味しい野菜を食べましょう。

定期宅配野菜について

近年、定期宅配野菜業者の種類は、どんどん増えてきています。

例えば、スーパーや八百屋が主体になっているもの、食品の宅配に特化した業者、地方自治体・農協が主体となっているもの等があります。それぞれ特徴があり、その特徴をしっかり選択することが上手に活用する為のポイントです。

スーパーや食品宅配業者ですと、野菜だけではなく、お肉や加工食品、場合によっては、生活用品も一緒に宅配してもらうことが可能です。

八百屋や地方自治体・農協が主体となっているものですと、新鮮な野菜が届くだけでなく、普段手に取らないような野菜が届くことがあります。例えば、地元に住んでいる人しか買えない野菜や農家の家庭だけで消費される野菜といったものが届くものもあります。

また、産地から直送される為、より新鮮で美味しい野菜をいただくことができます。

上記に挙げたように、業者によってその特性は大きく異なります。それぞれの特徴をしっかり把握する為に、試供品やお試し宅配を利用してから定期宅配を開始することが重要です。

定期配達野菜を利用することのメリット

さて、定期宅配で利用することのメリットは、比較的、安定的に一定量の野菜が一定の価格で買い物ができることにあります。野菜の価格が高騰している中で、これは特にメリットとしてみることができます。

もちろん、業者によっては、収穫量に合わせて提供しているところもありますが、スーパーで買うよりも割安になること多くあります。

また、家計を考える上でも、月あたりの金額がわかっていることで、生鮮食品の項目を考えるのが楽になり、計画を立てやすくなります。

もう一つのメリットは、献立にメリハリをつけ、野菜を使い切る習慣をつけることができるところにあります。

ほとんどの業者が予めどのような野菜をどれだけ宅配するかをお知らせしてくれます。定期的に届くので、野菜を使い切るよう計画を立てやすく、献立を立てる為にも役立ちます。

利用する業者によっては、献立のアドバイスやレシピがついてくることがあるのでこれをうまく利用することでより一層充実した食生活を送ることができるでしょう。

定期配達野菜を利用する上での注意点

一方で、注意点もあります。ご家庭での一人当たりの食べる量と宅配される野菜の量が釣り合っていない場合、余らせてしまうことがあります。また、必ずしも宅配された野菜だけで間に合わせられるというわけでもありません。

その場合は、スーパー等で買い足す必要があります。ですので、ご利用前にお試しするのと同時に、普段、自分や家族がどれくらいの量を消費しているのか、普段の食生活を見直すことも重要なポイントの一つです。

また、宅配サービスですので、送料がかかることがデメリットの一つということもできるでしょう。受け取りの手間もあるので、近所のスーパーですぐに買ってくるという手軽さに比べたらハードルの高さがあると言えるでしょう。

また、長期間の不在をする場合等は、早めに連絡をする必要があります。この点に注意しながら上手に活用していくのが良いでしょう。

定期宅配で野菜を頼むには抵抗を感じる方もいるかと思いますが、それぞれの家庭にぴったりの業者を選ぶことによって、お得に美味しい野菜を食べることができるでしょう。

メリット・デメリットを踏まえた上で、ご家庭にあった野菜宅配業者を選び、上手に活用してみて下さいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら