人手不足で職に困らない!専門職「歯科衛生士」になるにはどうしたらいいの?

スポンサーリンク
728×90




歯科衛生士という職業はご存知でしょうか。よく歯医者さんにいるお姉さんと言われることが多いですが、そのとおりです。歯医者さんでお口の中を専門としている職業が私たち歯科衛生士です。女性が多いですが、男性もなれる職業ですので、まだ少ないですが全国の歯科医院で活躍されている男性の歯科衛生士さんもいらっしゃいます。この資格は国家資格ですので、年1回ある国家試験を受けて無事に合格すれば、歯科衛生士として働くことができます。あまりどんな仕事をしているのか知られていませんが、やりがいのある魅力的な仕事です。歯科医院が増えている今、歯科衛生士の需要は増えています。就職に困らずとてもお勧めの職業です。

歯科衛生士になるための専門学校

歯科衛生士の資格を取る為には、まずは専門の学校に通います。歯科大学と一緒なっている場合もありますが、歯科医師の学生とは別々に勉強します。現在3年制となっていて、専門的な知識を身につけることや、実技、歯科医院での実習などを経験します。

専門学校に通いだしてまず感じたことは、歯科専門用語の多さでした。歯の一つ一つに呼び方があることや、使用する器具も専門的な難しい名前のものばかりです。そして、歯だけではなく口の組織全体や体の解剖学まで学びます。

微生物学なども学び、覚えることが多すぎて、当時の私は頭の中がパンク寸前になってしまいました。正直こんなにたいへんなものだと思っていませんでした。

ある程度知識が身についたら実習がはじまります。学生同士、お互いの口の中を使っての相互実習です。初めて他人の口を触るという驚きと不安で、最初はなかなかうまく出来ませんでしたが、徐々に慣れてき抵抗感は無くなっていきます。

その後、大学病院内のさまざまな科や開業医で見学や実習が行われていきます。実際の治療の現場は学生同士の実習とは全く違い、怒られることもしばしば。

ですが、スピーディに的確に働く先輩の歯科衛生士さんたちのことを間近に見ることができて、自分もいつかこうなりたいと強く思うことができました。

卒業する間近の3月に国家試験があります。合格率は毎年90%以上ありますが、決して簡単な試験ではありません。試験は筆記のみです。合格が分かるまで本当に緊張しました。無事に合格すると、歯科衛生士として歯科医院で働くことができます。

歯科衛生士に必要なこと

歯科衛生士に必要なことは、手先の器用さと観察力コミュニケーション力だと思います。やはり小さな口のなかで作業をすることは、なかなか難しいものです。刃物のような器具を使うこともあるので、少しでも手がぶれると患者さんの歯肉を傷付けてしまうことになります。

そして、口の中はとても繊細で、少しの段差でも患者さんにとっては不快に感じることや、そのわずかな段差でも小さな細菌にとっては調度いい住みかになってしまいます。

髪の毛1本でも口の中に入ると不快に感じるものなので、その繊細な作業ができるような手先の器用さは大切です。

そして、観察力。患者さんがどんな歯磨きの仕方をしているのかは、歯肉を見れば分かります。ごしごし強く磨く方は歯肉に擦過傷が出来ていることや、歯肉退縮が見られます。タバコを吸っている方は歯肉が少し黒ずみ、全体的に繊維質で硬い印象の歯肉になります。

歯肉を観察するだけで、さまざまなことが分かります。その観察したことを生かしてブラッシング指導を行わなければいけません。

他にも歯が割れていたり根元の先に膿が溜まっている場合、歯肉の状態も変化していることが多く、早い段階で歯科衛生士が歯の状態に気づくことで歯科医師の治療の助けになることもあります。

あとは、コミュニケーション力です。

幅広い年齢層が訪れる歯科医院では、高齢者には足腰を気遣うことや住んでいる地域のお話をしたり、お子さんには緊張がほぐれるような会話をしてあげたり、患者さんにとって少しでも安心して歯科治療できるように気を配ることも歯科衛生士の仕事だと思います。

治療が終わった後に「お疲れ様でした。大丈夫でしたか」と一声かけるだけでも患者さんに喜ばれます。歯科治療は誰しも苦手なものだと思うので、そういう状況でこそコミュニケーションが大切になってきます。

しかし、いま述べた3つのことは最初から身につけていなければならないわけではありません。多くの歯科衛生士が経験を通して身につけていくものなのです。最初から完璧な人はいません。歯科衛生士が育つには2年かかると言われています。

根気よくがんばれば誰でも良い歯科衛生士になることができます。

歯科衛生士になるためには、それ相応の努力は必要です。しかし、それは歯科衛生士に限ったことではありません。どんなお仕事でも努力は必ず必要です。

そして時には失敗をすることや怒られることもあるかもしれませんが、そんなときは同じ苦労や経験を共にしている専門学校の仲間がいます。専門職というものは、同じ分野の仲間同士で意見の交換をすることや、何かあったときは支えあうことができるというのも魅力の一つです。

歯科衛生士は今、人手不足なので就職に困らない

現在、全国的に歯科衛生士は不足しています。それは歯科医院の数が増えたことや、産休制度がない医院がほとんどなので出産を期に辞めてしまう人が多いことが原因です。そのため就職先が多く、歯科衛生士1人につき15件の求人があると言われているほどです。

都心は少し異なるかもしれませんが、就職で困ることはおそらくないでしょう。

そして専門職のため、歯科衛生士のしかできない仕事がたくさんあります。その主な仕事は歯周病治療です。いま歯科治療のなかでも歯周病治療はとても重要視されています。

どんなに良い歯科治療をしても、もとの歯をだめにしてしまう歯周病治療ができていないと、その歯は残すことができないからです。そして全身疾患とも関係があることが分かってきています。

歯周病は成人の8割がなっているという病気なので、率先して治す必要があります。歯科衛生士は歯科医師と連携を組みつつ第一線で活躍できます。とても誇らしいやりがいのある仕事です。

最後に

歯科衛生士をめざす動機は人それぞれだと思います。私は母の勧めがきっかけでしたが、歯科衛生士になって本当に良かったと思っています。日々やりがいを感じながら仕事ができるということはとても幸せなことです。

歯科衛生士の魅力がもっと一般の方たちに広がり、なりたいと思う人がさらに増えることを願っています。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら