歯医者の治療費は高い!明細が分かりにくい!歯科治療の治療費・点数・保険適応外について

スポンサーリンク
728×90




歯医者治療費は高い」とよく言われます。それは決して費用を余計にいただいているわけではありません。すべての治療は点数化されていて、必要な分だけの点数の金額をいただいているのです。しかし患者としては、余計な出費は出来る限りおさえたいものです。お会計のあとに明細や領収書に点数が記載されてはいますが、分かりにくいですよね。簡単ではありますが、わかりにくい歯科の治療費についてお話していきます。少しでも不信感や疑問が少なくなればと思います。

通院1回目の治療費は高い

歯科医院に通院し始めた初日に請求されるもので初診料というものがあります。点数で言うと234点ですので、2340円かかることになります。3割負担の方ですと約700円です。

治療した分プラスに必ずかかってくるので、通院1回目の治療費は少し高めになります。そして、この初診料ですが、2~3ヶ月ほど治療の間を空けるとまた請求されてしまうので、一度通院しだしたら続けて通院することが賢い通い方です。

ちなみに歯科医院側の都合で、2~3ヶ月予約の間が空いてしまった場合は請求されません。

そして、大きな虫歯や大掛かりな治療ほど点数は高くなっています。虫歯ができたら早めに治療することが大切です。治療費が抑えられることと、通う回数も少なくすみます。

歯科医院によって治療費が違う理由

「ここの歯医者さんは高い」という患者さんの声をお聞きしたことがあります。全国の歯科医院の治療費は点数で決まっているのに、なぜ歯科医院によって金額に差があるのでしょうか。

理由のひとつとしては、歯科医院によってとる点数の種類が違うということです。種類が異なれば点数が違うことは当たり前ですね。その都度、患者さんの状態は違いますし、治療を始めるたび虫歯治療と平行して歯石をとる処置をする医院は、治療費は少し高くなるでしょう。

その代わり、お口の中を良い状態に保つことができます。治療費がかかる場合はそれなりの理由が必ずあるのです。

中には患者さんの治療費の負担を減らすために、あえて最低限の治療しかしない医院もあります。これは、院長の方針の違いなのでなんともいえませんが、とにかく治療費をかけたくない方や、仕事などで忙しい患者さんにとっては良いかもしれません。

どんな医院に通院したとしても初診時に相談することができますので、全体診てほしいのか、今回は希望する場所だけでいいなど、患者さん自身の希望を伝えることが大切です。

保険適応外の治療の種類とメリット、デメリット

保険でできる処置は年々少しずつ改定されて増えていますが、保険適応外の治療をするかたも年々増えてきているように感じます。では保険適応と保険適応外の違いは何でしょうか。簡単に考えると病気か病気でないかです。

虫歯や歯周病など治療しないと健康を害するものは保険適応ですが、虫歯予防やホワイトニングなどは処置をしなくても健康を保てるものは保険適応外となります。保険適応外の治療は他にも、保険にはない材質のかぶせ物や入れ歯、インプラント治療、歯列矯正などがあります。

保険適応外の治療のメリットは、治療の幅が広がることです。保険ではできない治療が可能になることで、患者さんの希望に応えることができます。もし私が前歯にかぶせ物を入れることになったら、必ず保険適応外の金属の入っていないかぶせ物を入れたいです。

なぜなら、金属を使うことで歯肉の色が黒く変色することがあることと、やはり保険適応外の素材の方が白く綺麗なものが多いからです。

他にも、保険適応外の素材で入れ歯を作ることで厚みが抑えられ発音がしやすくなることや、インプラント治療をすることで失った歯を取り戻したような感覚で食事をすることが可能になるなど、たくさんのメリットがあります。

その反面デメリットもあります。それは保険の処置に比べて治療費がかかることです。保険適応外の治療費は歯科医院ごと自由に決めることができます。そのため「自由診療」とも言われています。

通常の保険診療と違い、10割分を患者さんからいただかなければならないため金額が高くなるのは仕方の無いことです。保険も年々改正を重ねていて、以前は保険でできなかった治療もできるようになったものが増えています。

近い将来さらに保険でも患者さんの希望にあった治療ができるかもしれません。

最後に

今は虫歯がなくても歯科医院に行く時代になっています。痛みがでたときだけに行くという時代は終わりました。虫歯も歯周病もひどくなる前に治療することが大切です。それは患者さん自身の健康を守ることと、費用の面でも負担が少なくなるという良い点があるからです。

なによりも一番良いのは自分の歯です。歯をなくしてから大切さが分かったという方がたくさんいらっしゃいます。かぶせ物を入れただけでもお口の中にとっては大きな変化です。おいしく食事をとるためにも、歯は大切にしましょう。

一番お金をかけずに歯を守る方法は、はみがきをしっかりすることです。虫歯の治療費に比べれば歯ブラシ代や歯磨き粉代はあきらかに安いです。予防は治療費と比べてお金がかからないのです。そして定期健診へ行くこと。これもとても重要なことです。

賢く、歯を守っていきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら