おにぎりダイエットや8時間ダイエット、これが新しいダイエット法です!

スポンサーリンク
728×90




間もなく肌を露出する機会が多くなる夏本場に突入します。あと一か月で一気に体をダイエットで絞りたいという方に、今話題のダイエットをお教えいたします。おにぎりダイエット、聞いたことありますか?

ご飯好きさんに朗報!おにぎりダイエット

美味しいパンや麺類が食卓に増え、日本人の「米離れ」が叫ばれて久しいですね。さらに最近のブーム「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」などにより、ますますその傾向が強まってきました。 が、ここで現れたのが、その正反対を行く『おにぎりダイエット』です。

単品ダイエットの栄枯盛衰はさておいて、どうも「制限」ということにみんな疲れている模様。おにぎりの歴史は古く、起源は平安時代と言われます。日本人のソウルフードといっても良いおにぎり。

そのおにぎりをたくさん食べていいだなんて、ご飯好きの人には嬉しいですよね。このダイエットのルールは、基本的に三食おにぎりを食べるというもの。ビタミン・ミネラルは不足しないように野菜やみそ汁をあわせて食べるようにします。

肉や魚は避けるようにし、おにぎりの具も梅干しや昆布などのヘルシーなものにします。こうすることで、空腹に心折れることもなく一日の食事量と総カロリーが大幅に抑えられるのです。

ただし、これは明らかに偏った食事ですよね。ですので、このダイエット法は1~3週間を限度として、頻繁に繰り返さないようにします。

ダイエットが終わった後は、ダイエット中の時と同じような抑えた食事量を続け、軽い運動などを取り入れることができれば、そのままの体型維持は可能なようです。もともと痩せている人よりは、ぽっちゃり体系の人が向いているそうですよ。

ストレスフリー!8時間ダイエット

8時間ダイエットの方法は簡単です。1日のうちの8時間だけ、その間だけは何を食べてもいいのです。午前9時~午後5時までの8時間、もしくは午前11時~午後7時の8時間がその何を食べてもいい時間帯です。

そのかわり、ほかの時間は水分以外のいっさいの食べ物を口にしてはいけません。あれを食べてはいけない、これしか食べられない、という制限ではないので、とってもストレスフリーで単純明快。

何を食べてもいい、といってもさすがにジャンクフード山盛り、とか揚げ物食べ放題!などではそもそも健康を損ねそうなので、ダイエットをしているという自覚を持ったうえでの「好きなもの」を食べるようにしましょう。

ストレスも少ないので、長く続けることが比較的簡単で、しかも効果は大きいようです。食べない時間をしっかりとることによって、胃腸の負担が減り、健康的にもなれるというのがうれしいですね。

食べたい物を食べても良いダイエット!うわさの8時間ダイエットとは?

ただ書くだけ?!レコーディングダイエット

そう、ただ書くだけなんです。ただし、食べたもの、すべてを書く。誰に見せるわけではないけれど、とにかくちゃんと書くのです。

「え?私、ランチにこんなにたくさん食べてたの?!」

・・・書いていくと、いかに自分が痩せたい!とか言いつつもたくさん食べているかを、はっきりと知ることになります。時には自分自身をごまかしたい心理が働くはずですが・・・いけません。これはもう自分との戦い。

書くことで、自然に食べるものを意識するようになり、それがダイエットにつながるのです。簡単そうに見えますが、捉えようによっては、とてもストイックなダイエット法です。 なぜなら、いくらでもごまかしがきいてしまうから。

ダイエットに挫折する人の特徴は、やはり意思の弱さがあげられます。その意志の弱さを克服し、しっかりと自分自身をみつめることができるのなら、このレコーディングダイエットはとても効果的なはずです。 ちまたにはさまざまなダイエット法が溢れています。

自分に合うダイエット法をみつけて、薄着になる季節にそなえたいものです。

最後に

なんだかんだ言っても、汗をかくのが一番。デトックスについても確認してみませんか!?

ダイエットにも効果的!汗をかいて身体の中からデトックス!デトックスで体臭も消える??

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら