ディズニー・ファストパスを入手してより多くのアトラクションを楽しもう!

スポンサーリンク
728×90




ディズニー・ファストパスがあると、通常よりも早くアトラクションを楽しむことができるため、とても便利ですよね。より多くのアトラクションを楽しむために欠かせないものです。効率良くパークを回るために、今回はディズニー・ファストパスの発券ルールについてご紹介します。

ファストパスが有効になると次のファストパスが発券可能!

ファストパスはいつでも発券できるものではありません。一度発券すると、決められた時刻まで発券できないようになっています。では、いつになったら次のファストパスが発券できるようになるのかというと、発券済みのファストパスが有効になったら、別のファストパスを発券できるようになります。

例えば、発券済みのファストパスの有効時間が「9:00~10:00」の場合は、9:00になれば次のファストパスが発券できるようになります。ファストパスの有効時間になると、早く乗ろうとしてしまいがちですが、まずは次のファストパスを入手してからの方が、より多くのアトラクションを楽しむことができるでしょう。

ファストパスが有効になるまで長時間かかる場合は2時間後に発券可能!

パークが混雑する日は、人気アトラクションのファストパスが入手できても、有効になるまで長時間かかることがあります。その場合でも、ファストパスが有効にならないと次のチケットは発券できないのかというと、そんなことはありません。ファストパスは発券時刻から2時間経てば、有効時間にならなくても、次のファストパスを発券することができます。

例えば、9:00に発券したファストパスの有効時間が「13:00~14:00」の場合は、発券時刻の2時間後である11:00から次のファストパスが発券可能となります。予め、次のファストパスを発券するアトラクションを決めておき、それに合わせて、別のアトラクションに並んだり、レストランで食事を済ませたり、お土産を買いに行ったりすると良いのではないでしょうか。

ファストパスが有効にならないと同じアトラクションのファストパスは発券不可

好きなアトラクションは出来るだけ多く乗って楽しみたいものですが、ファストパスを利用する場合は、注意しておかなくてはならないことがあります。既にファストパスを発券しており、同じアトラクションのファストパスを発券する場合、発券済みのファストパスが有効にならないと、次のファストパスを発券することができません。

例えば、9:00にタワー・オブ・テラーのファストパスを発券し、その有効時間が「13:00~14:00」だとします。同じアトラクションのファストパスを再び発券したい場合は、13:00になれば発券することができます。同じアトラクションに限っては、発券時刻から2時間経過していても、発券することができませんのでご注意ください。

おわりに

いかがだったでしょうか?たくさんのアトラクションを楽しむための基本としては、朝一でパークに入園することはもちろんですが、「ファストパスが発券できる時刻になったら即入手すること」です。そうすることで、より多くのファストパスを入手することができ、短時間でお目当てのアトラクションに乗ることができますよ。夢と魔法あふれる冒険のひと時を思いっきり楽しみたいですね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら