アニコム損保が発表!2015年の人気犬種ランキング!

スポンサーリンク
728×90




はじめて子犬を買おうと思った時に、どのような犬を買ったらいいかわかりませんよね。今、世の中で人気がある犬種の情報についてお伝えいたします。

1位:トイプードル

なんと今年で6年連続の1位だそうで!もともと猟犬だったプードルですから頭も良く、性格もフレンドリーで明るい子が多いですし、カットのバリエーションが豊かなのも魅力です。

プードルは体高(肩甲骨の最も高い部分から地面まで垂直に降ろした高さ)でサイズが3種類に分けられています。体高が45cm~60cmがスタンダード・プードル、35cm~45cmがミディアム・プードル、28cm~35cmがミニチュア・プードル、24cm~28cmがトイ・プードルです。

2位:チワワ

超小型犬の代表、世界で一番小さい犬です。成犬時の体重は個体差もありますが、ほとんどのチワワは2kg前後しかありません。一昔前にCMに起用されブームになりました。大きい耳にまん丸の目、全身を使って喜びを表現してくれたり、少し我儘なところも人気の理由ではないでしょうか。多頭飼いをしやすいのも、超小型犬ならではです。

3位:MIX犬(10kg未満)

じわじわと人気が高まってきているMIX犬ですが、今年は3位にランクイン。多種多様なMIX犬がいますが、有名なのはチワワとダックスフンドが両親のチワックスや、チワワとトイプードルが両親のチワプーなどです。小型犬同士のMIX犬が人気で、5Kg前後の個体が多いようです。

4位:ミニチュアダックスフンド

アナグマ猟のパートナーとして、短足・胴長に改良された種です。そのフォルムが人気のダックスフンド。とても好奇心旺盛で活発なので、一緒にアウトドアも楽しめます。足が短くても走ることも得意ですし、泳ぐことも出来ます。

ダックスフンドは胸囲と目安の体重によってサイズが3種類に分けられています。胸囲35cmを超える・体重9~12kgがスタンダードダックスフンド、胸囲35cm・体重4.5~4・8kgがミニチュアダックスフンド、胸囲30cm以下・体重3・2~3・5kgがカニンヘンダックスフンドです。

5位:柴犬

1936年12月16日に天然記念物として指定された7犬種のうちの1種。柴犬は日本古来の犬で、昔から愛されてきました。第二次世界大戦時の食糧難や、ジステンパーという病気の流行により絶滅の危機に瀕したこともありましたが、保護活動により復活。飼い主に忠実な性格や、凛とした佇まいが人気になり、最近は海外での飼育頭数も増えてきています。

やはりマンション住まいの方が多いので、小型犬が人気のようです。柴犬の人気は国内だけでなく、海外に広がっており、写真集やブログで人気の子もいるそうです。

2014年のランキング

  • 1位:トイプードル
  • 2位:チワワ
  • 3位:ミニチュアダックスフンド
  • 4位:MIX犬(10kg未満)
  • 5位:柴犬でした。

参考 https://www.anicom-sompo.co.jp/breed/dog_2015.html

MIX犬の追い上げも気になりますし、来年もトイプードルは首位を守れるのか、もしかすると総入れ替えの可能性もあります。昨年のランキングが 来年のランキングも楽しみです。毎年、アニコム損保がこのデータを発表しています。

最後に

ペットの名前ををつけるタイミングで是非読んで頂きたいのが、ペットを家族として迎える前の心構えについてです。続けてお読みください!

ペットブームがきていますが、初めて犬を飼う前の心構えとして犬について知ろう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら