家計簿を毎日つけるのが苦手な方へ!気持ちに余裕が生まれる家計のやりくり

スポンサーリンク
728×90

多くの主婦や一人暮らしを始めたばかりの人にとって、日々の家計管理は大変なもので、ストレスフルなものですよね。限られた収入の中で、やりくりしていかないといけません。でも実は私、家計簿を毎日付けるのがとても苦手です。そんな私でも出来る、家計管理の方法をここではご紹介します。

家計のやりくりは月初のお金の使い方が重要なポイント!

今お財布にいくら入っているか、それを見て買い物する物を決めていませんか?もしくは、

「月が変わったからクレジットカードをきっちゃおう!」

なんて思っていませんか?確かに、お給料入ったばかりや、月初めなどは残額に余裕があるので、なんとなく

「まぁいいか」

と思って使いがちですが、何よりも最初が肝心です。少しだけ最初を頑張ると、給料日前のあのキリキリするような思いは減り、心にもお財布にも余裕が生まれます。

家計のやりくりに役立つ逆算管理の方法とは

では、実際月初めにどう頑張るか、紹介したいと思います。

ステップ1.毎月の固定費を算出する。

⇒毎月絶対出ていく支出(光熱費、携帯代、保険代、クレジット引き落とし、家賃、貯金など)を計算する。

※ここに貯蓄を入れることもポイントです。あらかじめ、貯蓄を『固定費』とすることで、貯めなければという気持ちをなくし、自然に貯金できます。

ステップ2.収入から固定費を引いて、自由に使える額を算出する。

⇒これは、食費と雑費に使えます。

ステップ3.算出した自由に使える額から1週間で使える額を割り出す。

⇒分割してみると、意外と使える額が少ない事に気付くと思います。

ステップ4.ステップ3で割り出した金額の半分を平日に回す。

⇒休日は何かと要りようで、お金が出ていきます。ですので、平日のうちに節約しておきましょう。

家計の余裕が生まれたときは、月末の楽しみに

毎週使える額が決まっていると、自然と使う額が少なくなってきます。また、割合的に休日の分を多めに確保しておくので、そこまで節約感がありません(精神的にギスギスしない)。

さらには、休日お家でゴロゴロしてあまり使わなかった場合、翌週以降に繰り越してさらに余裕が生まれます。それを繰り返していくことで、月末や給料日前になるほど、以前よりも余裕が生まれるのです。

月末にご褒美って今までにない、何か特別な感じがしませんか?

家計管理は無理のない範囲で続けることが大切

今回ここでは、私の性格に見合うズボラな方法を紹介しました。おそらく一般的な家計管理は、細かくレシートをチェックしたり買い物リストを作ったり、もう少し丁寧な方法があるのかと思います。

ですが、人それぞれ性格やそれに割ける時間も違うので、自分に合った方法を見つけてください。ズボラでもいいのです。毎日をハッピーで健康に過ごせる事が何よりも大切な事なのですから!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら