ちょっとした知恵で大丈夫。洗濯物の部屋干しニオイ対策とは!

梅雨の時期や台風の接近など天候の変化により、外に洗濯物を干せない期間がありますよね。雨で外に洗濯物が干せないので、仕方なく部屋干ししている人も多くいると思います。洗濯機自体に乾燥機がついていたり、お風呂場で乾燥機能を使って洗濯物を干している人もいると思います。しかし、洗濯機に乾燥機能もないしお風呂場にも乾燥や暖房機能がない人は、諦めて部屋に干すしかありません。でも、部屋干しすると洗濯物のニオイが気になりませんか?あの独特な部屋干しのニオイに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?今回は、洗濯物の部屋干しで嫌な臭いを解決できる方法をご紹介します。 

どうして部屋干しすると臭うの?

そもそもどうして部屋干しをすると、洗濯物のニオイが気になるのでしょう。まず、その原因とされているのが「細菌」にあります。部屋干しをすると日光による殺菌ができないのと、菌が繁殖するのに必要な水分が衣服に長く留まっていることがあげられます。

また、細菌だけではなく、洗濯では落とし切れなかった皮脂や汗などの洗い残しが原因で臭うこともあります。そのため、一番の部屋干しのニオイ対策は、しっかり汚れを落として細菌を繁殖させないことが大事なのです。

部屋干しのニオイ対策(洗濯編)

まず、洗濯物は溜めこまないことが大事です。お風呂上りのバスタオルや汗がついた衣服を放置すると2~3日で菌が繁殖し、ニオイの原因となってしまいます。そして、部屋干しをするときには、洗剤も部屋干し専用のものを使うのがおすすめです。

部屋干し用の洗剤は、通常の洗剤よりも菌の繁殖を防ぐ作用が優れているのです。また、洗い終わった洗濯物は、放置せずにすぐ干すことも大切なポイントです。

水分を多く含んだ衣類はすばやく干すことで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。臭いの原因となる「洗い残し」にも注意して、洗濯物を詰め込みすぎないようしましょう。 

部屋干しのニオイ対策(乾燥編)

部屋干しする際に一番やってはいけないのが、カーテンレールに洗濯物を干すことです。風通しが悪いうえに、カーテン自体が衛生的とは言えませんよね。もしお風呂場に乾燥機能があれば、浴室乾燥をフル活用しましょう。

しかし、誰もがお風呂場に乾燥機能があるわけじゃありません。その場合は、除湿器や扇風機を活用してみて下さい。洗濯物の乾燥に除湿器を使っている人も、多くいるのではないでしょうか。部屋の中の湿気対策や洗濯物の乾燥には、除湿器はもってこいのアイテムです。

活用方法の一例として、お風呂場に洗濯物を干して除湿器をフル稼働させるというのも一つの手段です。また、除湿器がない場合は扇風機の風を直接洗濯物に当てるだけで、少しでもニオイを軽減させることができます。どれも簡単なやり方ではありますが、有効な手段だといえます。

部屋干しのニオイ対策は、ちょっとした手間と工夫で防ぐことができるのです。面倒だからと洗濯物を溜めこまないことと、除湿器や扇風機を活用して衣類が乾くのを手助けしましょう。水分を多く含んだ状態が長く続くと、それこそニオイの原因となってしまうのです。

また、一度ついてしまったニオイは、なかなか落ちませんよね。そんな時は、酸素系漂白剤を使って「つけおき洗い」するのがおすすめですよ。今まで部屋干しのニオイに悩んでいた方も、是非一度できることから試してみて下さい。

少しの工夫で苦痛だった部屋干しが、軽減されるのではないでしょうか。

最後に

干し方について、ふんわりと仕上げるコツをご存知ですか!?こちらの記事でご確認いただけます!

こんな裏技知ってる!?洗濯物は干す前、叩くより強く振ることでふんわり仕上がります♪

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら