読書の秋。知っています?読書は大脳の活性化させ、ストレス解消効果があるんです!

スポンサーリンク
728×90




食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…といったように、涼しい空間の中で様々なことを楽しめる季節がやってきましたね。その中でも今回注目したいのが「読書の秋」です。「読書離れ」なんて言葉があるように、近年読書をする人が少なくなっているのが実態ですが、実は読書には隠された様々な効果があったのです。読書には、集中力を高めたり、知識を増やしたり、興味や関心の幅を広げられるなど、効果はたくさんあります。その他にも読書には驚きの効果があることが分かりました。今回は、読書から得られる意外な効果についてご紹介します。 

読書はストレス解消に効果絶大!

イギリスのサセックス大学で行われた調査では、読書がストレス解消に最大の効果があることが分かったのです。

その調査方法は、心拍数などからストレス解消効果を検証したところ、読書は68%、音楽試聴は61%、コーヒータイムは54%、散歩は42%、テレビゲームは21%のストレス解消の効果が現れたそうです。

また、静かなところで読書をすると、わずか6分で60%以上のストレス解消効果が現れることが分かったのです。ただ本をさらっと読むのではなく、本の内容に没頭することで現実世界のことを忘れ抱えてる悩みからしばし解放されることで、ストレス解消に繋がっていきます。 

読書は大脳の活性化に繋がる

オックスフォード大学の神経学の名誉教授であるジョン・スタイン氏によると「読書は大脳のトレーニングだ」と主張しています。

実際に読書中の脳の様子をMRIでスキャンしたところ、本の中の景色やストーリーの状況を想像しただけで、脳の動きが活性化されて新しい神経回路が構築されたそうです。つまり読書の世界に没頭して、あたかも現実に体験しているかのような状態になっているのです。

一方でゲームやテレビではこのような効果が得られなかったため、読書がもたらす脳の活性化が期待できるということです。 

アルツハイマー病の予防にも効果がある?!

近年では若年性の病にもあるアルツハイマーですが、読書をすることで予防できるという効果が分かったのです。

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、子供のころから読書をして脳に刺激を与えていると、アルツハイマー病の原因とされている物質「アミロイドプラーク」の形成を抑えることができるという研究結果を発表しました。

認知症の症状が出ていない60歳から76歳の人の脳を調べたところ、幼いころから読書や将棋、手紙を書くなど日常的に大脳を刺激する習慣があった人は、脳内のアミロイドプラークの値がとても低かったそうです。

このことから読書をして大脳を刺激することで、アルツハイマー病を予防できる可能性があることが分かったのです。 

最後に

このように、読書がもたらす効果は様々ですが、どれも健康にも精神的にも良い効果ということが分かりました。この他にもコミュニケーション力を高めたり、視野を広げられたりとメリットはたくさんあるのです。

読書離れという言葉があるように、読書をする機会が減ってしまった人もいると思いますが、これを機に読書の時間を持ってみるのもいいと思いました。

読書の秋というように、涼しい空間の中でたまの休日に気持ち良く読書に没頭することで、気持ちもリラックスしてより良い休日を過ごせるかもしれません。

また、せっかく本を読んでも記憶に残るのはごくわずか。読書ノートを作ってみませんか?

読んだ本を記憶に留めるために!読書ノートをつくろう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら