電気代は使えば使うほど上がる仕組み!電気代節約のために電化製品の買い替えを考えるなら、9月まで!

スポンサーリンク
728×90

間もなく全国的に梅雨も明けて、いよいよ本格的な夏が始まりますね。電気代が気になる時期ですが、一度きちんと電気代の仕組みについて確認をしてみませんか?

一般家庭では三段階料金制度が

毎月、電気代の明細が届いて何で段階ごとに電気代が高くなっているのだろうって気になりませんか?家庭の電気料金の制度は三段階で料金が変わるようになっているのです。

料金の体系も、一番最小の段階が一番安く、二段・三段と上がっていくにつれて電気代は上がっていくのです。

この理由は、憲法25条で保障されている

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」

という条項を踏まえ、安い対価で最低限の電気を利用できるようになっているのです。二段目が比較的に多くの家庭が一か月に利用するテーブル。

三段目がさらに高い利用料のテーブルとなっています。電気代は使えば使うほど、単価が上がる仕組みになっているのです。今月の明細が届いたら確認をしてみてください。うちの利用料は三段目まで使っている???

節電の夏がやってきた

東日本大震災以降、毎年のように節電・節電と言われますよね。少しでも電気を使わないようにこまめに電気を消すなどの対応もいろいろされてきたかと思いますが、ここで見直して欲しいのが、根本的な家電の電気消費量なんです。例えば冷蔵庫。

まだNationalブランドなど10年以上前の冷蔵庫を利用されている方には朗報です。今の冷蔵庫、電気の消費量が1/3程度まで下がってきているのです。

日本電気工業会が比較表を準備してくれていたので参考にしてみてください。

要素 10年前の冷蔵庫 最新冷蔵庫
鮮度保持 冷蔵室 冷風で乾燥した庫内 湿度を保持する工夫をしたタイプもあり
野菜室 ラップが必要 ラップ包装不要
高湿保存
エチレンガスカット(抑制)
冷凍室 急冷機能 急冷機能だけでなく、色々な冷凍保存機能
クリーン 脱臭のみ 脱臭だけではなく除菌も
使い勝手 製氷 自動製氷機能がそろそろ定着
水道水しか使用できない
自動製氷機能は標準装備
洗える部品が多くなりより清潔に
ミネラルウォーター使用可能
独立製氷室も標準化
貯蔵室 引き出し式の冷凍室がそろそろ定着 引き出し式冷凍室が標準も、様々な形態とレイアウト
温度が切り替えられる小部屋がついているタイプも
収納性 大型化は進むけれど・・・収納する大きさや量は限られていた 食品の形態や使用状況に合せて、棚やポケットの位置を変更可能
大量収納でも、ドアの開け閉めは軽々!
温度調節 ドアを開けて操作
(温度・運転設定)
ドア面のコントロールパネルで操作可能
液晶表示がついているタイプも
設置スペース 大型は進むけれど…
幅600mmで300~350L
幅600mmで400~450L
デザイン 形態 引き出し冷凍タイプが定着
3~4ドアから5ドアが主流へ
5ドアの片開きタイプと6ドアの観音開きタイプに二分化
多様なレイアウトや形態が選べる
外装 ホワイト・グレーが中心 ステンレスタイプが多くなってきている
高光沢ドア・柄・ストライプなど高級家具並みの材質感
環境 省エネ 10年前に比べて約1/2
地球環境保護 地球温暖化に影響を与えるフロンガスを使用 地球温暖化係数約1/400のノンフロン冷蔵庫が定着
リサイクル 環境に未対応な素材も使用 環境に配慮した素材を厳選

参照:http://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/reizouko/knowledge2.html

http://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/reizouko/knowledge2.html

電気代が安くなるのはもちろんですが、同じスペースでもより多くの食材が収納できるように変わってきているのです。オートエコモードなども利用して、電気代をうまく節約できるようになっています。

家電も買い替えるタイミングがある

10年前の冷蔵庫を買い替えると、年間で電気代が1万円程度安くなるとも言われています。月々の出費が減るのであれば少し考えてもいいと思う方がいあるかもしれませんが、家電にも買い替えに一番のタイミングがあるのです。

例えば例で挙げた冷蔵庫。だいたい秋には新モデルが出てきます。

つまり、7月・8月は現モデルとして値段が下がりきった状態に近づくのです。新しいモデルに多くの機能を求めないのであれば、夏が冷蔵庫の買い時なのです!在庫がなくなる前に、我が家の生活にぴったりな冷蔵庫を探しに行ってみてください。目安としては9月までに考えるべきだとおもいます。

最後にアドバイス

冷蔵庫を買い替えするとき、必ず気をつけて欲しいのがサイズの問題です。10年前だと、横が65CMのものもありましたが、今はTOSHIBAと三菱の2種類しかありません。だいたい、70CM程度になっています。

冷蔵庫を買ってから設置できないでは大変なことになるので、事前に冷蔵庫を置く場所のスペースについては確認しておきましょう。

次に、コンセントを刺したり外したり、これって本当に必要なのでしょうか。電気代節約のための都市伝説、確認をしてみませんか!?

エアコンなどの暑さ対策で電気代がかさむ夏。家電に関する電気代節約のウソ、ホント

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら