利回りを見るかPERを見るか?投資スパンによっても異なる指標の使い方

スポンサーリンク
728×90




今回はPERについて説明します。前に紹介した利周りをもとに株を買う考え方は、株は会社の配当を買うものという考え方です。つまり、配当を中心において、株価が高いか安いかを判断して、株を売買する投資方法です。

PERをもとに株を売買する考え方

今回のPERをもとに株を売買する考え方は株は会社の収益を中心にして売買するというものです。この二つを式で比較すると以下のようになります。

  • 利回り=(一株当たりの年間配当)/(株価)
  • PER=(株価)/(一株当たりの年間純益)

このようにPERでは数字が高くなるほど、株価が高いと考えられます。逆に低くなるほど株価が安いと考えられます。この利回りとPERを比較すると、逆の考え方が出てくる場合が多いです。

つまり、利回りから見ると、有利だがPERから見ると将来の株高は期待できない。逆に利回りから見ると不利だが、PERから見ると、将来は株価が上がりそうだと。そして、最近では利回りよりPERで株価を判断する投資家が多いです。

短期投資と長期投資とでは利回りが有利かPERが有利か

PERを判断する基準は同じ銘柄の過去の高値平均、安値平均と比較して高ければ売り、安ければ買うという方法です。同じ業界の他社のPERと比較して、高いか安いかを判断する投資家も多いです。

では、短期投資と長期投資とでは利回りが有利かPERが有利かといいますと、短期投資では短期で高い配当が入ってくるわけですから、利回り中心の投資方法が有利といえます。他方、長期投資では長期的に大きな利益を狙うわけですから、PERの方が有利だといえます。

ところが、それを錯覚して短期投資なのにPERで考えて株式投資をしている投資家も多いです。それでも利益を上げているのなら、言うことはありませんが。

また、多くの機関投資家も長期投資に利回りを使っています。これも反対に短期投資用の利回りを長期投資に使っています。それでも、多くの機関投資家は間違いなく利益をあげています。

このPERは圧倒的に多くの投資家が使っています。会社四季報でもページの一番上に載っています。まあ、それだけ多くの投資家が信頼している指標だといえます。

優良銘柄の検証

1730 麻生フォームクリート

予想PER12.5(高値平均14.1、安値平均8.0)PBR0.83、ROE6.7%。

PERから見ると少し高めです。他方、PBRから見ると少し株安です。ROEはまあ妥当な数字のようですが、前期の10.3%からかなり減りました。長期的に投資するには少し不安があります。

しかし、営業利益は、ここ数年堅実に増益を続けています。PERが高い目に買われているのも、こんなところに事情があるのかもしれません。実際の株価は一年少しの周期で動いています。やはり移動平均線以下で買い、以上で売りの株ですね。

ところで、ここ数日の株価ですが、上昇信号を出している銘柄数は先週の数分の一に減っています。これから見ると、夏に天井を付ける季節銘柄は今が天井だといえます。売り遅れないように、ご用心を。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら