企業の解散価値「PBR」を株式投資で使う方法

スポンサーリンク
728×90




PBRとは株価純資産倍率のことです。わかりやすく言うと、企業がその時点で解散した場合、一株あたり、株主が得られる分配金、解散価値です。

多くの投資家がPBRを指標にすることでPBRを基に株価が動く

昔、筆者がPBRを知ったとき、この数字は役に立たないと考えました。というのは、上場企業が解散、倒産することはまずないからです。そのような数字をもとに株価が高いか安いか判断してよいのだろうか、それが素直な感想でした。

しかし、周囲を見回すと、このPBRをもとに株式投資をしている投資家も多いのです。ということはPBRをもとに株価が動くのです。

どのような尺度かといいますと、PBRが1の場合、企業の解散価値はちょうど1ですから、株主には株価と同じ価値の資産が分配されるわけです。PBRが1以上の場合、株価が企業の資産以上になっていますから、企業が解散した場合、株主に戻ってくる分配金は投資資金より少なくなります。

反対にPBRが1以下の場合、企業が解散した場合、株主に戻ってくる資金は投資資金以上になります。この視点から、現在の株価が高いか安いかを判断するのです。つまりPBRが1以上の場合、株価は割高で、1以下の場合、株価は割安というわけです。

企業のあらゆる側面を評価した数値がPBR

しかし、投資家は企業の資産だけで株価を判断しているわけではありません。その企業の技術、将来性、経営陣のスタンス、それらをひっくるめて株価を判断しているのです。

というわけで、PBRが1以上の場合、投資家はその企業をそれだけ高く評価している、株価は高くて当然、また1以下の場合、投資家はその企業をそれほど評価していない、株価は安くて当然、と言うわけです。

実際、過去にPBRが1以下の場合、ある企業では不良債権が表に出ていない場合がありました。しかし、多くの投資家は感覚的にそれを感じ取っていたのです。

以上のようにPBRのような一つの指標でも考え方によって、株高とも株安とも取れます。本当に株の世界は難しくもあり、面白くもあります。

優良銘柄の検証

1734 北弘電社

予想PER8.4(高値平均5.8、安値平均3.9)PBR0.39、ROE4.6%。

以上の数字をみると、PERは高すぎます、PERは反対に安いです。そしてROEは低いです。というわけで、判断に苦しむような数字です。

仮にPERが来期以降の経営状態を表している(評価が高い)のなら、PBRも十分1以上の数字になっているはずですが、ところが0.39というような資産価値の半分以下です。

これは多分、経営状態が急改善しているからかもしれません。株価の状態をしめすPBRなどが現実に追いついてこないのです。実際ROEは前期のマイナスから、今期はプラスになりました。そして来期の営業利益は今期の8倍です。そして、純利益は黒転です。

難しい銘柄ですが、投資をするなら、所有資金の半分で、もちろん移動平均線以下で買い、以上で売りです。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら