自動車株は秋に高値をつける!自動車株の10月高

スポンサーリンク
728×90




昨年の今頃も書きましたが、最近、昔と同じように自動車株10月高値を付ける傾向があります。参考のためにトヨタ自動車の最近の株価を見ますと、2014年は秋ぐらいから上昇が始まりました。2015年は夏に急落したものの、秋には底値から反発して小さな山を作りました。2016年は夏から秋にかけて上昇傾向になっています。他の自動車株も似たようなチャートを描いています。

なぜ自動車株は秋に高値をつけるのか

昔はなぜ自動車株が秋に天井を付けたかといいますと、自動車が庶民にとって高値の存在だったころ、秋の新車の発表会、モーターショーなどが多くの人の関心を呼んだのです。

そのような事情もあり、毎年秋に自動車株が天井を付けたのですが、最近は若者の自動車離れなどもあり、秋に自動車株が天井を付けることもなくなっていました。

しかし、今でも新車の発表会などは秋に集中します。そのような環境も残っているためか、秋には天井を付けるとまではいかなくても、自動車株は上昇に乗ると予想してよいのではないでしょうか。今年も期待できそうです。

季節銘柄は天井をつけて終わり、次の季節銘柄の仕込み時に

8月の終わりから9月に入ると途端にチャートの上昇信号が少なくなりました。やはり、夏に天井を付ける季節銘柄は終わった感じですね。これからは仕込みの季節に入る人も多いようです。

優良銘柄の検証

1815 鉄建建設

予想PER13.7(高値平均41.4、安値平均21.2)PBR1.08、ROE7.9%。

PERから見ると、株価は安く、まさに今が買い時です。PBRはまあ妥当な数字です。ROEは7.9%でまずは申し分のない数字です。

ところで、自己資本比率は26.6%と低く危険水域の状態のようですが、建設業界自体、自己資本比率が低いので、これも妥当な数字だと考えてよいでしょう。もちろん営業利益は来期、さ来期とも増益予想で、おすすめの銘柄です。

もちろん買うときは移動平均線以下ですが。

1824 前田建設工業

予想PER10.3(高値平均10.5、安値平均6.8)PBR1.19、ROE11.5%。

企業自体の業績は申し分ないのですが、PERは少し高いです。この株を狙っている人はPERが少しでも下がるのを待った方がよさそうです。PBRは妥当な数字で言うことはありません。何よりもROEの11.5%は魅力的です。

そのうえ、増配のニュースもあります。もちろん営業利益は来期、さ来期とも増益予想です。これは株価を上げます。株価自体は今年から、一つ上の水準に上がった感じです。このまま横に進むと仮定すると、もちろん移動平均線以下で買い、以上で売りという戦術が使えます。

営業利益について

株価の数週間先、数か月先を予測する材料は来期の営業利益です。この営業利益が減額予想だと、会社の業績は良くとも、株価はいったん下がることが多いです。逆に言えば、中期投資家や長期投資家にとっては、株価の下がるときは株を買い集めるシーズンです。

しかし、短期投資家にとっては営業利益が減額予想の株は避けた方が良いでしょう。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら