株式市場は仕込みのシーズン。今仕込むと良い株式銘柄は?

スポンサーリンク
728×90

春や夏に高値(天井)をつける季節株の売却はおわり、仕込みのシーズンに入りました。いまから物色する株は、季節変動とはほとんど無関係の株か、または秋、(年末年始)に株価を上げる季節株です。

季節変動と無関係な株式銘柄は?

季節変動とほとんど無関係に株価が動く銘柄といいますと、代表的なのは薬品株や銀行などの金融株です。これも最近、説明しました。また、自動車株が昔のように秋に高値を付ける傾向が出てきたことも再三説明しています。

他には、公共工事関連株です。つまり、大きなビル、道路、電気工事、水道設備工事関連などです。このような業種は年末にかけて、今までに請け負った工事を消化しなければなりません。ですから、これから年末にかけて道路工事などをよく見かけることになります。

つまり、世間の注目を集めることになります。世間の注目を集めると、自然に投資家の注目も集め、こういった業種の株価が上がります。

そのうえ、早い地方自治体などでは、年末に来年の工事の入札があります。国や地方自治体の工事の入札は大抵、新年の1月ですが。この入札の季節になると公共工事関連の株価が上がります。これも昔からです。

その他、今仕込んでおくと良い株式銘柄

その他、年末年始は海運関連の銘柄が上がります。これは宝船からの発想です。しかし、最近、年末年始に海運関連の株が上がることが少ないですが、自動車株の10月高が昔のように復活しそうなように、海運株が上がりそうな感じもします。

一番確実なのは、お歳暮相場でデパート株など小売り関連株贈答品関連株が上がることです。その注目の仕方は今年の夏、デパート株、食品株などの中でお中元相場で高値を付けた銘柄です。そのような株は年末のお歳暮相場でも上がることが多いです。

要するに、贈答品銘柄は一年に二度高値を付けることが多いのです。

優良銘柄の検証

1826 佐田建設

予想PER6.6(高値平均 ・・・・、安値平均 ・・・・)PBR0.57、ROE8.6%。

PERは過去の高値平均、安値平均が出ていないので、判断がむつかしいところがありますが、同業他社と比べると、まあまあ安いといえます。PBR0.57は企業資産の半分ほどです。これら見ると株価は安いです。

これは企業自体が地味というか堅実な社風のため、投資家からそれほど評価されていないともいえます。しかしROEの8.6%は魅力的です。実際の株価は’16年に底値を付け、現在、上昇傾向に入ったところと考えられます。

以前に書いたと思いますが、建築関連の業界は景気の波が約10年周期です。それから考えると、今年か来年、底値から上昇に移ると考えてよいのではないでしょうか。

1832 北海電気工事

予想PER13.9(高値平均11.9、安値平均10.0)PBR0.46、ROE3.3%。

PERから見ると、株高です。しかし、PBR,ROEともに低すぎます。営業利益は増益予想です。実際の株価は、’14年から、上昇傾向です。長期移動平均線も上昇を示しています。この株は長期移動平均線付近か、下がったところで買い、上がったところで売りという戦術が使えます。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら