株式投資で短期でガッツリ利益を得るには?割安株を狙え!

スポンサーリンク
728×90




言うまでもないことですが、長期投資の目的として特定の銘柄をコツコツと買い集める以外は、割安株を狙うことが利益を得る最も効率の良い方法です。割安株を買い、その株が割高になったところで売却する。それが短期投資家や中期投資家の基本的な戦術ではないでしょうか。

お得な「割安株」の見つけ方

それでは割安株とは何なのか。株が割安か割高か、その基準はどこか。筆者はそれを移動平均線で見ます。つまり株価が移動平均線以下なら割安で、移動平均線以上なら割高と判断します。

もう一つはPERで判断します。PERが過去の安値平均付近なら割安、過去の高値平均付近なら割高と判断します。このPERを使う方法は投資家によって違います。

たとえば、PERが上がりつつあるのなら、株価は上がりつつある、いまが割安・・・という考えもあります。同じようにPERが下がりつつあるのなら、今が割高という考えもありうるのです。

「割安株」を見つけるにはチャートを活用

移動平均線ならゴールデンクロス、デッドクロス以外は使わないという人や、PERもその時点の数字だけしか使わないという人が多いですが、移動平均線のようなチャート、PERのような数字も時々刻々変化するのです。それで株が割安か、割高かを判断します。

参考のために言いますと、移動平均線はインターネットなどのチャートで見ることができます。またPERなどもインターネットで公開されています。投資の武器として使うべきです。

ところで現在、銀行株は軒並み割安です。いまが買い時かもしれません。

優良銘柄の検証

1852 淺沼組

予想PER6.2(高値平均・・・、安値平均・・・)PBR0.91.ROE14.8%。

高値平均、安値平均の値が出ていないので、PERは同業他社と比べるしかありませんが、まあ割安といえます。PBRはほぼ企業資産を表していますから、高くも安くもないでしょう。

ROEの14.8%は魅力です。そのうえ増配のニュースが流れています。これは株価をあげそうです。もちろん移動平均線以下で買い、以上で売りの銘柄です。

1868 三井ホーム

予想PER15.7(高値平均19.8、安値平均14.5)PBR0.98、ROE6.2%。

PERから見てもPBRから見ても、いまが買い時と思われます。ただしROEはもう少し欲しいです。予想営業利益も増益で言うことはありません。というのも営業利益が’15年度から、毎期増益です。

株価もそれを反映したのか、昨年半ばに底値を付けたのち、今年の半ばまで一気に倍近くに跳ね上がりました。買うのは少し勇気がいりますが、移動平均線以下になったら買いに出てよいでしょう。長期でも短期でも、どちらでも儲けさせてくれそうな株です。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら