株式投資の銘柄選び。利益を上げる成長株、割安株を見つけるテクニック

スポンサーリンク
728×90

を買うのに、まず銘柄を選ばなければなりません。というのも、成長株を買う方が、衰退株を買うより儲かることは言うまでもないからです。昔、どのような株でも買えば儲かるという時代は確かにありました。20数年ほど昔のバブル崩壊前まで、そのような風潮が続いていたことは確かです。しかし、そんな時代ははるか昔の夢物語になりました。株を買うなら、成長株割安株に狙いを絞らなければ儲からない時代になったのです。これは株式市場が健全化した証拠だともいえます。どのような株でも買えば儲かるという時代はむしろ異常だったのです。

これから株価が上がる成長株

それでは成長株とはどのような株なのか。これが実に難しい問題です。経済誌などを読んでも、人によっていうことが違うことが多いです。

実際、会社とはつぶれるものだという前提に立った時、10年先にどうなっているかは誰にもわからないのです。世界的な企業、一流企業といっても、社長が無能カなら、会社はあっという間に傾きます。

それでは5年先ならどうか、それは10年先より、予測の精度は高いです。どんな無能な人が社長になってもつぶれるまで5年は持ちそうです。それでも、まだ予測の精度は低いです。

しかし、2年先、一年先、半年先と予測の時間を短くしていくと、その精度は少しづつ高くなっていきます。また、株価は企業の業績を半年から2年ほど先取りするといいます。

そんなわけで、企業の成長度は1年から2年ほどの単位で考えるのが一番だといえます。成長株とは、この1年2年の成長の積み重ねです。

優良銘柄の検証

1939 四電工

予想PER11.3(高値平均14.7、安値平均10.7)PBR0.55、ROE4.9%

PERから見ると、株安です。PBRから見ても株安です。しかしROEは少し低いですね。ROEはやはり7以上欲しいところです。

会社の経営姿勢は積極的で、増配継続のニュースも流れています。これで株価が上がると予想されます。実際の株価は今年の後半、2年前の天井を抜き、急上昇しました。この勢いが続きそうです。

1941 中電工

予想PER21.1(高値平均15.2、安値平均10.4)PBR0.78、ROE3.7%

PERから見ると株高ですね。PBRは1付近なので、まあまあの数字といえましょう。ただROEは低いです。

ただ、大幅増配のニュースもあり、株高は期待できそうです。実際の株価は上記の四電工ほどダイナミックではありませんが、似たようなチャートを描いています。この株は移動平均線以下で買い、以上で売りです。

割安株のなかで上昇信号を出している銘柄

  • 3299 ムゲンエステート
  • 3564 LIKILビバ
  • 8572 アコム

この3銘柄が堅いです。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi

現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。


スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら