株価上昇のタイミングを知るチャートの上昇信号は多い方がよいか

スポンサーリンク
728×90

インターネット株価銘柄を検索していますと、たいてい、チャートの上昇信号の多い順に並んでいます。この上昇信号とは、例えば、ストキャステクスMACDローソク足モーメンタムRSIRCIなどです。

上昇信号を知らせるチャートは組み合わせて使う

チャートを使っている人で、たとえば、ストキャステクスだけを使っているという人は少ないでしょう。ほとんどの投資家はいくつかのチャートを組み合わせて使っているはずです。筆者はストキャステクスとMACDを中心に使っています。

ストキャステクスを使っている人は、チャート上でストキャステクスの上昇信号をみれば、その株価が上がると判断するでしょう。

その同じ銘柄がRSIで上昇信号をだしていれば、RSIを使っている投資家はその株価が上がると判断するでしょう。

このように一つの銘柄がいくつかの上昇信号を出していると、その株価が上がると判断する投資家の割合が増えていきます。その結果、その銘柄の株価が上がる可能性が大きくなります。その意味では、チャート上の上昇信号は多い方が良いといえます。  

しかし、銘柄によって、当たるチャート上の信号と当たらない信号があります。それは季節によっても違います。

また、同じ銘柄でも、株価が往復運動を続けているとき、モーメンタムは良く当たるが、急上昇したり、急降下した場合、モーメンタムは当たりにくいといわれます。つまり、どのようなときにどのようなチャートを使うかが重要です。

優良銘柄の検証

1959 九電工

予想PER12.9(高値平均10.4、安値平均5.7)PBR2.21、ROE17.1%。

PERから見ると、確かに株高です。しかし、株価が上昇傾向に乗っているところから考えると、それでほどの株高でもないでしょう。PBRからみても資産の倍以上に買われています。しかしROEの17.1%、これは大変魅力的な数字です。

なぜなら、このような歴史のある大企業でROEが17.1%というのはまず少ないのです。実際の株価も、数年らい、上昇傾向を示しています。この株は移動平均線付近で買い、以上で売りです。

1961 三機工業

予想PER15.2(高値平均17.5、安値平均11.9)PBR0.89、ROE5.9%。

PERから見るとわずかに株高です。PBRから見ると資産相当より、わずかに安く買われています。また、ROEも少し低いです。もう少し欲しいところです。実際の株価は、ここ数年上昇傾向ですが、移動平均線の上に行ったり、下がったりです。

この株は移動平均線以下で買い、以上で売りです。

株安で上昇信号を出している銘柄

  • 7874 レック
  • 8584 ジャックス
  • 3431 宮地エンジニアリンググループ
  • 8473 SBI HD
  • 7236 テイラド
  • 3176 三洋貿易

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi

現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら