株価は上昇基調へ。こんな時期は東証一部の銘柄が堅い

さて、この辺りから、平均株価は上がりそうです。つまり、総合的に判断して夏期に上がる季節銘柄の仕込みが後半に入ったということです。

平均株価が上がりそうな時期に買うと良いのは東証一部銘柄

このようなときは大型株、少なくとも東証一部の銘柄を中心に買いを考えることです。と言うのは、東証2部の銘柄や新興市場の銘柄は発行株数も少なく、取引量も少ないのが普通です。

そのような取引量の少ない銘柄は、株価が上りやすく下げやすいのです。悪く言えば、だましに引っ掛かりやすいのです。

というわけで、今から買うときは東証一部の銘柄に絞ったほうがリスクが少ないと言えます。このような感覚は投資生活を送っていると、何となくわかるものです。株式投資は、本当に経験が役に立つことが多いです。

優良銘柄の検証

2607 不二製油グループ本社

予想PER20.1(高値平均19.5、安値平均12.4)PBR1.72、ROE 8.2%

PERから見ると、株価は割高のようです、PBRから見ても、株価は割高のようです。しかし、ROEの8.2%は評価できるでしょう。おまけにこの企業、従業員を大切にしていることは、昔、我々の学生時代からよく知られていました。特に関西の大学生には。

そんなわけでROEの8.2%も信用できる数字です。つまり長期投資向きといえます。もちろん短期で運用してもよいでしょう。

実際の株価は、‘15年の後半から、上昇傾向にあります。この株は安くても、移動平均線付近では買いです。もちろん、株価が買値より上がれば、その都度、小刻みに利益を重ねていったら良いでしょう。

2608 ボーソー油脂

予想PER248.5(高値平均142.6、安値平均82.1)PBR 0.47 ROEマイナス11.3%

以上の数字をざっと見ると、まず、PERは高すぎます。その上、PBRは安く感じますが、これは言いかえれば、それだけ投資家の評価が小さいのです。おまけにROEはマイナスです。

このように数字の上では、いいところが全くないようなボロ株です。しかし、この株、今期は赤字でしたが来期は黒字に変わる黒転銘柄です。つまり、この一年以内、来年の3月期決算までに株価が倍ぐらいに上昇する可能性が高いのです。そんなわけで、推薦しました。

安値で上昇信号を出している銘柄

  • 1413 桧家HD
  • 3299 ムゲンエステート
  • 6284 日精エーエスピー機械
  • 8869 明和地所
  • 6364 北越工業
  • 6590 芝浦メカトロニクス
  • 6622 ダイヘン
  • 8511 日本証券金融
  • 8940 インテリックス
  • 6335 東京機械製作所
  • 3578 倉庫試練
  • 7446 東北化学薬品
  • 9782 デーエムエス
  • 7814 日本創発グループ
  • 8739 スパークス・グループ

以上です。

今回は、紹介する銘柄が多いです。その中でも、注目株は3578の倉庫精練、この株は黒転銘柄です。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら