株式投資は事業かギャンブルか?事業ととらえることで堅実な投資が可能になる

スポンサーリンク
728×90

読者の多くは、株式投資をどうお考えでしょうか。株式投資は一種の事業だとお考えでしょうか、どれともギャンブルの一種だとお考えでしょうか。株式投資をどうとるかは個人の好みで、どちらでも間違いではないと言えるでしょう。

株式投資は事業ととらえて現物売買で堅実に

筆者は、株式投資は事業ととらえています。事業ととらえている限り、決して危険な投資はしません。株を買うときも売る時も、常に現物売買です。

これを実際に喫茶店を開業する場合と比較してください。喫茶店を開業する場合、自己資本のみですると、たとえ失敗しても、借金を背負うことはありません。これは株式投資の現物買いに相当します。

しかし、喫茶店を開業する場合、開業資金の半分を自己資金、あとの半分を銀行融資とすると、失敗した場合、借金を背負うこともあり得ます。

まして、喫茶店を開業する場合、自宅などを担保に全額銀行融資を受けると、失敗した場合、間違いなく、借金を背負うことになります。最悪の場合、自宅などを手放すことにもなりかねません。

簡単に信用取引に手を出すととんでもないことに

ところが株式投資の場合、いとも簡単に信用取引に手を出す人が多いのです。まして、FX取引などで、自己資本はわずか10%、残りの90%は融資を受け、取引に参加する人がいます。

そうなるとどうでしょうか、もちろん、うまくいっている場合は、自己資本のみの場合より、多くの利益を得られますが、反対に株価や外貨が下がった場合、それだけ多くの資金を失うことになります。

そんなわけで、株式投資を事業ととらえた場合、現物取引に絞るのが賢明です。

優良銘柄の検証

2613 J-オイルミルズ

予想PER16.5(高値平均24.0、安値平均15.7)PBR0.73、ROE4.4%

PERから見ると、株価は割安です。PBRから見ても、株価は割安ですが、このPBRはそれほど考えなくてもよいでしょう。それにしてもROEは低すぎます。もう少し欲しいところです。

実際の株価は、‘14年末から、3000円台と4000円台を往復しています。典型的な往来銘柄です。そういうわけで、この株は移動平均線以下で買い、以上で売りです。

2651 ローソン

予想PER20.1(高値平均2.5、安値平均21.1)PBR2.55,ROE12.2%。

この株もPERから見ると、明らかに割安です。PBRは高すぎると感じられますが、それだけ投資家の評価も高いということでしょう。その上ROEは12.2%。これはかなり評価できます。つまり長期投資でも短期投資でも、買える株です。

実際の株価は’16年半ばから、往来株に入った様子です。そんなわけで、この株も移動平均線以下で買い以上で売りという戦術が使えそうです。

安値で上昇信号を出している銘柄

今回、紹介できる株は急に少なくなりました。しかし、相変わらず、不動産関連は強いです。

  • 1762 高松コンストラクショングループ
  • 3477 フォーライフ
  • 9444 トーシン

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら