株式相場は低迷中。株式投資で大きく儲けようと考えると痛い目に!堅実な投資スタイルが一番

株価は、相変わらず低迷しているようです。株式市場はそろそろ売り相場に入ったかもしれません。まあ、こんな年もあるということでしょう。このようなときは、大きく儲けようなどと考えないことです。

株式投資は堅実な投資スタイルで

株式市場は大きく儲けられると錯覚している人も多いのです。そこから悲喜劇が生まれてきます。人間は昔から、同じことを繰り返すようです。しかしですね、サラリーマンが脱サラして、いきなり給料の何十倍も稼げると、考えないでしょう。株式投資も同じではないでしょうか。

筆者の知人、筆者と同じ団塊の世代ですが、定年退職後、毎月、20から30万円の株の売買益を得ています。そのような投資スタイルがベストだと思うのですが、いかがでしょうか。どのような事業でも、やはり堅実なやり方が一番です。

優良銘柄の検証

2666 オートウエーブ

予想PER13.1(高値平均80.9、安値平均37・9)PBR0.68、ROE4.5%

PERから見ると、明らかに株価は割安です。しかし、PBRもROEもいただけません。

ではなぜこの企業を紹介したかといいますと経営が堅実なのです。実際の株価もそれを反映してか、ここ2年ほどあまり大きくは変動しません。株価が天井を付けたのが‘15年の半ばと、昨年の後半です。それ以外は大きな変動は見られません。

しかし堅実に上昇をする様子です。’15年半ば以降はそれ以前の株価水準より、上がっています。また、昨年以降の株価も一段高いところで動きそうです。

そんなわけであまり大きな利益は期待できませんが、大損に合うこともないでしょう。使う道具はいつものように移動平均線です。もちろん移動平均線以下で買い、以上で売りです。

2667 イメージ ワン

予想PER112.3(高値平均361.0、安値平均109.3)PBR3.35、ROE3.0%。PERから見ると、明らかに株安です。しかし、この数字はどれだけ信頼できるかです。あまりにも大きすぎますから。

確かに企業内容は衛星画像などといった最先端の技術です。そのため、PBRも大きいことは理解できます、ところが、ROEも低すぎるのです。そんなわけで、買うのはためらいそうな銘柄ですが、業績を見ると、どうやら先行投資がおわったようにもみられます。

ところで実際の株価は、400円から600円付近を往来しているようです。それなら往来銘柄ととらえ、移動平均線以下で買い以上で売りという手が使えます。

安値で上昇信号を出している銘柄

  • 1430 ファーストコーポレーション
  • 1413 桧家HD
  • 5975 東プレ
  • 6203 豊和工業
  • 9479 インプレスHD
  • 8041 OUGHD
  • 8848 レオパレス21

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら