株価は予想に反して低迷中。こんな時迫られる決断は、ナンピン買いか、損切か

株価は相変わらず低迷しています。この時期、季節的には、株価上昇の真最中のはずなのですが。こちらの予想通りに上がってくれません。投資家として、このようなとき、どうするかです。取るべき道は二つです。それはナンピン買いか、損切りかです。

ナンピン買いか損切りかの判断基準は?

ここで、どのような銘柄を持っているかが重要な前提になってきます。仮に、長期的に株価の上昇が見込めるような株を持っているのなら、ナンピン買いでも、損切りでもよいでしょう。どちらを選ぶにせよ、結局は利益をあげることになります。

しかし、短期的な売買で利益を上げる目的で持っているような株なら、損切がよいでしょう。長期的な見通しが立たない株なら、損をしたら、迷わず損切です。

ところで、筆者は長期上昇を見込まれる優良株を短期的に売買していますが、原則、買値より5%下がったら迷わず損切です。その場合、その時点から上がればどうするのかとよく聞かれますが、上昇信号を出してきたなら、買い戻したり、ナンピン買いをしたらよいのです。

優良銘柄の紹介

2683 魚喜

予想PER102.6(高値平均38.0、安値平均17.7)PBR12.24、ROE11.9%

以上の数字だけ見ると、買うのが怖いような株ですね。PERから見ても、PBRから見ても、株価は無茶苦茶高いです。ただ、ROEが、11.9%で魅力的です。

おまけに、このROE,今期はマイナス40.7%でした。それが来期の予想では、いきなり、11.9%です。

というわけで、この株は、大変有望な株です。実際、このような数字が出てくるのも、この株は黒転銘柄なのです。それにしても、普通、黒転銘柄はROEも0近い数字が出るのですが。

ところで、実際のチャートを見ますと、株価は、ここ3,4年ほど、毎年、秋ぐらいに下がり、春から夏にかけて、上がる季節変動を示しています。そんなわけで。今年はもう遅いかもしれませんが、夏の終わりから、秋にかけて買いに出たほうが良いと思われます。

しかし、黒転銘柄ということを考えると、今年から、来年にかけて株価が一段高い水準に移る可能性も大きいです。買い時に迷う株です。

2685 アダストリア

予想PER17.3(高値平均70.5、安値平均43.7)PBR1.49、ROE8.6%

この株はPERから見ると、明らかに株安です。PBRはまあ順当な数字でしょう。ROEの8.6%はよい数字ですね。ところで、実際の株価は、長期的にみると今年が底値のようです。いまが買い時といえるでしょう。

株安で上昇信号を出している銘柄

  • 6222 島精機製作所
  • 7744 ノウリツ鋼機
  • 3751 日本アジアグループ
  • 3241 ウイル

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら