株式投資で損をしている人は短期投資を見直そう。株価の予測が難しい時は長期投資を

スポンサーリンク
728×90




私自身の経験ですが、インターネット株の取引をする前はほとんどをすることはありませんでした。つまり40年近い投資経験で損を出したのはわずか数回ほどです。ところが、インターネットに取引の中心を変えると、損をすることはたびたびです。ひどい場合には1週間を通して赤字だというときもありました。もっとも、最近はそんなことも少ないですが。
そんなわけでインターネット株式投資の初心者として、日夜、悪戦苦闘している毎日です。しかし、これは、どうも私だけの経験ではないようです。インターネットで取引する前はよく儲けていたのに・・・という投資仲間は意外と多いのです。

インターネット取引で株式投資をするようになって損失が増えた理由は?

これはひょっとしたら、投資方法より、長期投資の方が短期投資より儲けやすいということにあるのではないかと、気が付きました。そういえば、昔、株式投資の勉強をしているとき、投資の王道は長期投資だと書かれた本を読んだこともあります。

そのころ、「器用貧乏」という言葉も知りました。

つまり、ちょこちょこと短期間に小さく株を動かしている投資家は、長期的にみると大きな損をすることも多いというのです。この言葉を大局的な見方が株式投資に必要だと解釈していたのですが。

長期投資はリスクを減らす

このように考えると、予測がむつかしい時は、長期投資の視野に立って株を売買するのが危険が小さいと思えるのです。また、初心者や、最近、損が増えているという人には、長期投資の立場に戻って、自分の投資戦略を見直してはいかがでしょうか。

その場合、もちろん、ファンダメンタル分析が中心になります。つまり、企業の業績分析です。

優良銘柄の検証

4574 大幸薬品

予想PER25.1(高値平均23.3、安値平均10.4)PBR1.57、ROE6.6%。

PERが高いですね。これは買いときを先送りせよということでしょう。営業利益も増益ながら、ほんのわずかです。ただ、会社の内容は良いです。

そこに目を付けたのか。アース製薬も当社に出資します。この動きは一般投資家や機関投資家の動きを呼びそうです。ただ、やはり短期投資向きの株ではないようです。長期的視野から、今から、この株を買い集めるのも良いかもしれません。

もちろん買うときは移動平均線以下です。

4577 ダイト

予想PER9.8(高値平均13.7、安値平均8.3)PBR1.10,ROE11.2%。

数字はすべて申し分ありません。PER,PBRともに低く、ROEは11.2%という数字です。チャートをみると、株価は今年が上げ途中の底値になりそうです。

株価も大きく見れば、’14年前半から上昇傾向です。営業利益も微増益ながら、毎年、増益を続けています。大変、堅実な経営です。おそらく、今から、買いシーズンに入るのかもしれません。

4578 大塚HD

予想PER33.1(高値平均19.6、安値平均14.0)PBR1.58、ROE4.8%。

PERも今のところ、高いです。ROEも低いし、数字から考えると、今は買いときではありません。しかし、当社は新製品が会社の成長を加速しそうです。

今のうちに買っておくのも一つの戦略です。

株価は’13年に底値を付け現在上昇中です。しかも使いやすいチャート(波)を描きながら上がり続けています。これは移動平均線付近なら買いでしょう。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら