株式投資は季節変動銘柄の買い時!株価の底値ゾーンは終わりに近づいている

株価底値ゾーンの終わりは近づいています。多くの銘柄は株価の底値を示し、そのうち、いくつかは上昇の気配を示しています。今年も底値ゾーンの終わりが近づいてきたようです。いくらアメリカの大統領が変わっても、この世界の株価の習性まで変える力はないようです。

底値ゾーンを確認したら、季節変動銘柄を買いに出る

そんなわけで今年も株価の季節銘柄で儲けることができそうです。もっとも、すべての株が、このような季節変動をするわけではなく、株価の季節変動をするのは、その幾分かの株にすぎませんが。しかし、中には季節変動をする株に引っ張られて動く株も少なくありません。

ですから、思いがけない株が季節変動することもあります。となると、これはやはり利用しない手はありません。

手堅い投資方法は「連れ高、連れ安」を使うこと

ところである投資家の投資方法ですが、その人は徹底的に連れ高連れ安を使います。というのは、本人曰く、自分にはむつかしい経済理論などわからない、また不確かな株価の予測方法、ファンダメンタル分析やチャート分析もわからない。

わからないというか、信用できない。そんなわけで、連れ高を利用して買う、そして含み利益のあるうちにうる。いつも、この方法しか使わない。

なるほど、いろいろな方法があるものです。しかも連れ高を使う方法は、以前に説明したように、二番手を利用して儲ける方法です。これは、どのような株価形成理論を使うより手堅い投資方法です。というのはだましに合うことはまずありませんから。

このように自分の投資スタイルを作るのが、株で儲ける秘訣ではないでしょうか。そして、このような投資スタイルは個人個人で違うものです。

短期間で大きく儲ける人、また長期的に大きく儲ける人、儲けるスタイルに変わりはありませんが、自分に最も適した方法を探しながら投資をする、それが株で資産を作る最適な方法だと思います。

優良銘柄の検証

5965 フジマック

予想PER5.8(高値平均8.8、安値平均6.3)PBR0.41、ROE7.1%。

すべての数字が良いです。PERもPBRも低く、おまけにROEが7.1%です。これに注目しないわけにはいきません。おまけにこの企業はオリンピックの恩恵を受けています。オリンピックの前にこの株で儲けるのも一つの投資戦術です。

ただし、株価の動きは時間的にみると荒っぽいです。一年に2回、天井、底値を付けることもあります。どちらかというと、短期投資か中期投資向きです。

5966 KTC

予想PER7.7(高値平均9.2、安値平均7.3)PBR0.50、ROE6.5%。

大体においてよい数字が出ています。株価も数年前から上昇傾向です。もちろん、移動平均線以下で買い、以上で売りです。

5967 TONE

予想PER6.3(高値平均8.2、安値平均6.2)PBR0.89、ROE14.1%。

PER,PBRともに株安を示しています。またROE14.1%は魅力的な数字です。今年の5月が決算発表ですが、残念ながら減益予想です。しかし、このような時こそ、買いチャンスといえるでしょう。来年の5月は増益予想ですから。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら