今年の株は季節変動しないのかとプロ投資家もやきもき!でもやはり株価は季節変動した!

今年、冬に仕込んだ株がなかなか上がりませんでした。中には買値より5%以上下がったので、やむなく損きりした株も3銘柄ほどあります。こんな経験は初めてでした。今年は、季節変動はしないのか。これから、このようなことも起こるのかと、少し不安になりました。筆者と同じ経験をされた方も多いでしょう。しかし、先週末、狙っていた株が軒並み上がりました。やはり、株価は季節変動したのです。

季節変動のズレはトランプ大統領の影響の可能性も

春に上がる株は、すでに三月初めにはある程度上がっていなければならないはずです。投資仲間の話によると、やはり、これはアメリカの大統領トランプ氏の影響が多いようです。筆者もそう思います。本当にこんなにやきもきした年は初めてでした。

状況は様々に変化しても株価の季節変動は有効

これからもいろいろなことが起こるでしょう。時代とともに株価の季節変動も様代わりするはずです。株式投資をしている以上、勉強は欠かせませんね。現在、使っている投資技術が、いつまでも役に立つという保証もないのです。

しかし、人の心理、投資家の心理はそれほど変わらないはずです。株価の季節変動、これはやはり使えそうです。

優良銘柄の紹介

7825 ダンロップ

予想PER18.8(高値平均28.0、安値平均20.8)PBR0.89、ROE4.8%。

PERは低くく、PBRも良い数字ですが。ROEも低いのです。これはいただけません。営業利益は、今期、大幅に下げました。その影響もあり、株価は昨年初頭急落しました。しかし、来期は営業利益がもとに持ち直します。

これは今年一年、この株を狙っている投資家にとって、株を買い集めるチャンスです。

7826 フルヤ金属

予想PER35.9(高値平均38,2、安値平均21.0)PBR0.94、ROE2.6%。

この株も、PERは高すぎます。PBRはまあ順当な数字ですが、ROEも低すぎます。それというのも、会社の業績が連続減益なので、それを反映しているようです。

株価もそれを反映していて、一昨年、一年かけて株価を下げました。昨年は緩やかな上昇傾向になりました。

今期6月の決算はまだ減益の予測ですが、来期、来年の6月の決算予測では増益に変わるようです。おそらく株価も、このまま緩やかに上昇するか、それとも、今年の末ぐらいに急上昇に転じるかといったところです。前者の可能性の方が高いですね。

7829 サマンサタバサ

予想PER65.8(高値平均153.8、安値平均53.6)PBR2.31、ROE3.5%。

この会社の数字ですが、PBRが高すぎます。ということは判断の材料になりにくいです。PBRも高いです。これはPBR,PERともに投資家がそれだけ、この企業を評価しているという見方もありますが。

リターンを考えると、ROEが低すぎます。株価は昨年の後半から、安値圏に入りました。今年は、この水準でもみ合い圏に入りそうです。わずかに上昇傾向に入るという期待もありますが、事業内容を考えると、その期待は薄そうです。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら