株価の波が例年と違う時は?!いつもと違う方法で手堅く利益を得よう

スポンサーリンク
728×90

今週、持ち株や狙い株のチャートを見たところ、今年の株価の波は少しずれているようです。というのは、例年通りなら、今頃多くの株は底値圏を脱し、上昇に乗っているはずです。しかし、今年はまだ底値圏で低迷している株が多いです。

今年の株価の波は例年と違う

参考のために底値信号を出している銘柄を数えてみると、MACDだけで先日は195銘柄もありました。1月ぐらいはわずか数十銘柄でした。

これから考えると、今年は季節変動は少し天井の時間がずれこむか、それとも天井の高さが例年より低く出るか、どちらかと予測されます。どちらにせよ、例年通りと考えて油断していると、儲けをだすどころか損を出すことにもなります。ご用心を。

株価の波が例年と違う時は深追いせず早期に利益を確定させるのも手

以上の予測は底値信号を出している銘柄の数だけから推測したわけではありません。菓子の銘柄、文房具の銘柄など春から上がるはずの銘柄が今頃、底値信号を出しているので、おかしいなと考えたのです。もちろん、筆者の予測以外に投資家個人によって色々な考えがあると思います。

それはそれとして、以上の筆者の意見も参考にしていただければ幸いです。このような年はあまり深追いをしないで、利益を確定するのが賢明です。

早めに利益を確定しておくのです。もちろん、その分利益は少なくなりますが、大事なことは損をしないことです。

優良銘柄の検証

7885 タカノ

予想PER14.4(高値平均25.8、安値平均17.8)PBR0.58、ROE3.7%。

PERは14.4ですが、チャートから判断すると、高いです。PBRは安値で、まあ妥当な数字だといえます。ROEは少し安いですが、前期の2.4%より上がっているので、まだ上昇が期待できそうです。

ROEはやはり7%は欲しいですから。ところで、株価ですが、昨年の前半に底値を付けて、後半に上昇を続けています。しかし今年の株価はどうなるのか、予測の難しい銘柄の一つです。移動平均線(長期)より下なら買い、上なら売りです。

このような株は中期の移動平均線を使わないことです。もちろん、短期移動平均線を使うのは判断を誤る元です。短期投資には不適当な銘柄です。

7893 プロネクサス

予想PER19.3(高値平均20.7、安値平均13.8)PBR1.57、ROE7.7%。

PER,PBRともに高めですが、ROEの7.7%は魅力です。

会社自体、堅実経営で、営業益は連続増益です。株価は昨年に一段高い水準に達したようです。

今年はこの水準で横に動きそうです。そんなわけで、移動平均線以下で買い、以上で売りという戦術が使えそうです。もちろん、長期投資にも短期投資にも向いている銘柄です。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi

現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら