株式投資での投資戦術や戦略は微調整してアレンジできる~修正編5~

スポンサーリンク
728×90

今回は株式投資ハッチの10%方式のポイントについて説明します。本ブログでは、ハッチの10%方式をたびたび紹介していますが、このハッチの10%方式をそのまま使っている人は少ないと思います。そのまま修正もしないで使っている投資家は資産的に余裕がある人か、または長期投資家だと予想されます。

ハッチの10%方式をアレンジして確実に利益を得る

ハッチの10%方式をそのまま使うと、慣れないうちは損失を繰り返すことが多いです。そんなわけで投資家の多くはハッチの10%方式を自分なりに修正して利益を上げているようです。かくいう筆者も10%ではなく5%を使っています。

このような%の数字だけではなく、方法自体も修正している人が多いようです。

以前、インターネットで調べているとき、投資家の神王さんは買値より、2%ぐらい下がったら即売却して、買値より5~6%上がったら即売っているという記事が載っていました。なるほど、これなら、1勝1敗の株価予測でも確実にもうかるはずです。

投資法を自分流に最適にアレンジ

彼以外にも、株価が下がっているときは、2~3%の下げで即売り、利益がでたら、即売るという投資家が多いです。この方法だと、短時間のうちに売買を繰り返すことになります。デートレーダー向きの投資方法ですね。

この方法だと、買い時だけ、ハッチの10%方式を使い、売るときは、いつでも含み益のある時に売るというわけです。このようにハッチの10%方式一つとっても、いろいろな修正方法があります。

読者は、ご自分の生活、リズムに合わせて、最適の投資システムを作られたら良いと思います。

優良銘柄の検証

7956 ピジョン

予想PER32.7(高値平均40.8、安値平均22.8)PBR7.37、ROE22.5%。

PERから見ると、株価は高くも安くもありませんが、PBRから見ると、株価は高すぎます。これは会社の資産価値の7倍以上です。もっとも、それだけ多くの投資家から評価されているともいえますが。

ここで注目すべきはROEの22.5%です。これは魅力的です。しかも、四季報などに増配の記事が載っています。

このニュースは株価を押し上げます。そのうえ、最近の営業利益を見ると、毎年増益です。会社の業績は実に堅実で、投資家を裏切らないと予想されます。実際の株価は去年に高値の水準に達し、このまま進みそうです。

投資家としては、この場合、堅実に移動平均線以下で買い、以上で売りという戦術をとるのがよいでしょう。もっとも長期投資的に買った株をそのまま持ち続けるという方法もあります。

7957 フジコピアン

予想PER13.0(高値平均22.0、安値平均15.5)PBR0.27、ROE2.1%。

PERからみると株価は安いです。しかもPBRから見ても株価は安すぎます。なんと資産価値の27%にしか評価されていません。仮に会社がこのまま解散するのなら、即買っておくべきですが。

来期、さ来期は増益予想で、企業は続きますので、やはり、お買い得な株と評価しますか。難しいところです。なお営業利益は今期、やっと’13年の水準に戻ったところです。

これから考えると、やはり買いですね。もう一つの理由が会社の商品自体が消耗品ですから、会社の業績がそれほど悪くなるはずはないのです。よほど馬鹿な人が社長にならない限り。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi

現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら