アメリカのパリ協定離脱。トランプの愚断がアメリカの科学技術の発展を妨げる

スポンサーリンク
728×90




私事ですが先週まで、株価が動かないので、今まで使っていたハッチの10%方式の割合を5%から1%下げて4%にしようかと迷いました。しかし、ぐっと我慢して5%のままでおくと、なんと持ち株はすべて含み損が2%以内、もちろん利益の出た株は売却しました。神王リョウさんなどは2%ぐらいで運用しているらしいですが、筆者はやはり5%が無難なようです。このように同じ戦略戦術でも、人により少し修正して使うのが良いようです。

パリ協定離脱によりアメリカの科学技術の発展が遅れる?

トランプ大統領がまたやってくれました。地球温暖化の協定からの離脱ですか。パリ協定は、目先の利益を考えたらゼロかマイナスかもしれませんが、地球温暖化対策として科学技術の発展からとらえると、これはチャンスのはずです。

これでアメリカの経済は世界より少し遅れるかもしれません。

科学技術の発展によってアメリカの大規模農法が通用しなくなる?

アメリカの小麦生産量は世界の50%、トウモロコシの生産量は30%ぐらいです。これから、食料危機を迎えるかもしれない場合、まだまだ、アメリカの影響力は続きます。このままだと、いずれアメリカは現在のイギリスのように過去の大国になるでしょう。

穀物も大量生産ではなく少量生産でも大量生産と同じぐらいの利益を上げられる、そういう時代になると、現在のアメリカの大規模農法が通用しなくなります。

トランプさん、その辺りをわかっているのでしょうか。トランプさん、科学技術の発展をそれほど信用していないようですね。やはり世の中の発展、人類の未来は科学技術にかかっていると思うのですが、いかがでしょうか。

優良銘柄の検証

7968 TASAKI

予想PER10.0(高値平均18.2、安値平均7.8)PBR2.53、ROE25.3%。

PERから見ると株安です。PBRは少し高いですが、これは別にして、ROEの25%は大変魅力的です。株価も一昨年の半ば過ぎから、1000円台の半ばで横に推移しています。しかし、今期10月の決算では営業利益は減益の予想です。

今買うのは危険です。今年の10月の決算発表後、来期の予想営業利益を見てから、買いに出るのが良いでしょう。

7972 イトーキ

予想PER14.9(高値平均17.6、安値平均10.5)PBR0.73、ROE4.9%。

PERから見ると株価は高くも安くのありません。PBRも妥当なところです。しかしROEはもう少し、できれば倍近くの数字が欲しいです。

ところで、この企業は業績の波があります。営業利益も増益になったり、減益になったり、株価もそれを反映して、最近では約一年半ごとの大きな波を描いています。投資家から見ると、使いやすい波です。移動平均線以下で買い、以上で売りという戦略が使えます

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら