株式投資を基礎から考えてみよう!株式投資の意味と投資家の役割とは

スポンサーリンク
728×90




株式投資とはそもそも何なのでしょうか。投資家とはどういう役割を担っているのでしょう。今回は、基礎に帰って株式投資について考えてみます。

資金の必要な企業に資金をだすのが投資家の役割

個人企業はもちろん、上場企業でも事業の継続、規模拡大、新しい事業分野への進出は多額の資金が必要になることが多いです。その資金は一個人や一企業では賄いきれません。そこで企業は必要な資金を金融機関から借りたり、一般から募集します。その一般から募集する方法が株券の販売です。つまり株券を投資家に渡し、その代わりに投資家から資金を得るのです。その市場となるのが株式市場であり、窓口となるのが証券会社です。

投資家の利益は企業からの報酬

企業が自己資本を利用して利益を得たら、その一部を社内に保留して、残りを資金を出した投資家に還元します。これが株主の受け取る配当金です。自己資本とは企業が株主から集めた資本です。株券が流通する株式市場で株券の価値(株価)が市場の人気により上がったり下がったりします。投資家の中には配当金だけでなく、この株価の動きを利用して利益を得ようとする人が出てきます。これが株価の動きによる投資家の利益です。

株価が下がれば企業の経営は苦しくなります。資金が集めにくくなるのです。株価が上がれば、企業の経営は楽になります。資金が集めやすくなります。ということは、株価が下がったとき、その企業の株を買うことは企業を応援することです。株価が上がったときに株を売却するのは、その企業に対する応援が終わったことです。そして、その応援の度合いが大きければ大きいほど、投資家の得る利益も大きくなります。

このように投資家は企業に資金を提供することによって利益を得ます。また株券を売買することによって利益を得るのです。ところで社会に貢献する良質な企業が株券を発行しても、誰も買わなかったら、どうなるのでしょうか。社会の進歩はそれだけ遅れることになります。場合によっては、世の中に出ないで埋もれてしまう技術があるかもしれません。投資家の役割はここにもあります。市場で見向きされない安価な株を買うことによって、良質な企業を支えるのです。当然、その企業が市場で認められ、株価が値上がりすると、投資家の利益も増えます。

株式投資は立派な職業です。

このように株式投資の利益は不労所得ではなく、投資した企業からの見返りです。この点を考えず、株式投資を単なる不労所得、さらにはギャンブルの一種と解釈すると大損をすることもあります。要注意です。

株式投資に必要なのは企業や経営者を見る力です。

株式投資に必要なのは企業や経営者を見抜く力です。とくに経営者を見抜く力が必要です。従業員や取引先を単なる金儲けの手段と考えているような経営者なら、その企業に投資する価値などありません。

株主の期待に応える企業と、自分らの利益しか考えない経営陣

例の一つとして株式分割をあげます。例えば、マイクロソフトは上場以来13年間で8回も株式分割をしました。その理由は成長している最中ですから、利益があっても株主に配当する余裕がなかったのです。そこで配当の代りに株式を2倍に分割したのです。2倍に分割したら、今まで一株しか持っていなかった株主も2株の株主になりました。株価は半分になりましたが、すぐにもとの株価以上に戻したのです。その結果、株式数は13年間で約150倍になり、株価も約5倍になりました。マイクロソフトは無配当でも、立派に株主に応えたのです。

しかし、それを無視した悪い例が世界中に後をたちません。その一例が株式の10分割や100分割です。株式を100分割すれば、どうなるのでしょう。一時的に株価は100分の1になります。それがすぐに値上がりしたとしても、100倍になるのに何十年かかるでしょう。株価の値下がり直前に株を買った投資家は大損です。儲けたのは経営陣と長年の株主だけです。企業名はだしませんが、そんな企業が日本にも多いのです。

最後に

株式投資の基本について、お分かりいただけたでしょうか。株式投資を検討中の方は、株式投資も立派な仕事と考えて、企業や経営者をしっかり分析して、利益の上がる企業に投資をしましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら