日々の生活に追われて疲れ気味の方へ。童心にかえって頭も心もリフレッシュできる「エリック・カール展」

スポンサーリンク
728×90




小さなあおむしが、毎日毎日色々な食べ物を食べて、ビックリするほど大きくなって、やがてきれいな蝶になる。「はらぺこあおむし」は、大人にも子供にも馴染みのある絵本ですね。私も小さい頃に読んでいました。あおむしが、自分の体より大きな果物をおいしそうに食べる様子、穴のあいた果物を今でもよく覚えています。今、世田谷美術館では、はらぺこあおむしを書いた絵本作家「エリック・カール展」が開催されています。私は先日行ってきました!お子さんにはもちろんですが、大人にも是非見てほしい!「エリック・カール展」の魅力をお伝えします♪

愛らしい動物に心安らぐ

「エリック・カール展」で展示されている160点のほとんどが動物の絵です。その姿はユーモラスで、表情は愛らしく、見ているだけで思わず笑顔に(^。^)。鮮やかな色彩で、動物たちが命を輝かせて生きている様子が表現されていて、心が軽やかに、そして明るくもなりました。

のんびり優雅な姿に心がとても安らぎます。日々やらなくてはいけないことが山積みで、時間に追われながら生活している私たちとは全く違う次元で生きている動物たち。

目標とか、生きる意味とか、考えることとは無縁に、本能だけで生きているのだと思うと、たまには予定から解放されてのんびりしてみるか~とか、考えない時間を作ってみるか~なんて思ったりもしました。

他の生き物や植物と調和して生きることの大事さも教えてくれているようでした。(現実は、動物社会も弱肉強食ですが!(^_^;))普段の生活で動物に触れるということがない方にはかなりのヒーリング効果があると思います♪

童心にかえって、子供のころを思い出す

あおむしの絵を見ていると、感覚が子どもの頃に戻ります。

子どもの時、どんな夢を描いていたかな、どうなりたいと思っていたかな。そんなことに思いを巡らしていると、すっかり忘れてしまっていたけど、あの夢はまだ叶えられるんじゃないか、なんて思い始めて、家に帰って、叶える方法を調べてみたり、何だか急に気持ちが若返りました(^。^)

実際には叶えるにはエネルギーがいることなので、よし、これの夢は甥っ子に託そう!なんて思って家族に話してみたり♪

エリック・カールの絵は、童心を思い出させてくれて、明るく楽しい夢が描けると思います。エネルギーが湧いてきます☆

緑いっぱいの砧公園の中にある世田谷美術館

この展示会が開催されている世田谷美術館は、緑豊かな砧公園の中にあります。美術館に辿り着くまでに、マイナスイオンをたっぷり浴びて、完全リラックスモード♪こぢんまりとした美術館というのもまた良くて、私の周りにもファンが多いです。

ただ、この展示会はとても人気で、私が行った日曜日は結構人が多かったです!

最後に

絵本セラピーというヒーリング法があるように、絵本を見ると、心が安らぎリラックスします。エリック・カールの絵は、癒しだけでなく、元気やエネルギーも与えてくれます。子どもはとっても喜ぶと思いますし、大人も本当に楽しめる展示会です。

今後、京都や岩手でも開催予定のようです。お近くの方は、是非足を運んでみてください♪

エリック・カール展

http://ericcarle2017-18.com/index.html
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら