土地付きなら住宅ローンも借りやすい!住宅を買うなら土地の値段がほとんどである中古物件が魅力!

スポンサーリンク
728×90




今は賃貸に住んでいるけど、将来的に家を購入したい。そう思っている人はたくさんいますよね。しかし、住宅ローンのことや収入が少なく現実味がないなど、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで、生涯のライフワークの中に「住宅購入」を念頭に置いている人や、少しでもマイホームに興味のある人は、ひとつの選択肢の中に「中古物件」というものを入れておくのもいいと思います。

生涯設計のなかで変えられるのは「住宅購入」だけ

生涯もっともお金がかかるのが、「教育資金」「住宅資金」「老後の資金」の3つと言われているのです。もし、新築が欲しいけど今の給料じゃいつになるかわからない。 現状の給料から上がることが見込めない。そんな状況から、生涯資金を減らせるならどれか考えてみましょう。

教育資金

子供がどこに進学するかによって教育費も変わってきますよね。 子供が行きたいところがわかるまで費用もわからないので、一定額貯めておく必要があるため減額することはできないです。

老後の資金

こればかりは人生いつ寿命を終えるかわかりません。 いつまでという確定がなく、ひもじい生活を送りたくはないですよね。 そのため、老後の資金も減額はしないほうがいいですね。 

住宅資金

金額や購入時期を遅らせることもできるので、減額が可能だと思いませんか? 中古物件という選択肢もあるのです。

中古物件の魅力とは

「購入資金が新築に比べ安い」 当たり前のことですが、新築と違い中古住宅はほとんどが土地の値段なんです。ということは、建物の値段分安く済むということです。

「消費税がかからない」 消費税が8%に上がる前、増税前の駆け込みで新築を建てた人もいると思います。でも、中古物件なら消費税がかからないので、増税前の駆け込みも必要ないんです。

ただし、中古住宅の購入をする際はたいてい不動産業者を介しているので、仲介手数料が発生するんです。 さらに、不動産会社が売主となって中古物件を売却しているケースでは、消費税がかかるので、この点は要注意です。

「実際に目で見て確かめることができる」 中古物件を探すときは、家の中や外装など家のことを重点に見ますよね。 中古といえど夢のマイホームですから、家のデザインや間取りを見るのは当然です。

でも、注意しておきたいのが周辺の環境なんです。実際にその場に行って目で見て確かめることで、騒音や近隣情報など周囲のことを確認できるので、事前にトラブル防止に繋がります。

知っておきたい中古住宅を購入する前のチェックポイント

まず、防犯対策がどうなっているのか、確認をしておくといいです。 築年数が経過して安全性が欠けている住宅だったら、とても危険ですよね。また、外壁のひび割れがないか、断熱材がきちんと敷き詰められているかなど、耐久性もきっちり確認しておきましょう。

クロスや設備が自分好みでなければ、リフォームという形で好みのお家にすることだって中古だからこそできるのです。

中古物件の魅力が少しは伝わりましたでしょうか? このように、生涯資金の中で柔軟に対応できる「住宅資金」には、中古物件という選択肢もあるのです。

中古なので汚れや傷みがあるのは当たり前の気持ちで、マイホーム計画のなかに中古物件を入れてみるのもいいのではないでしょうか。そして減額が成功すれば、貯蓄が増えてゆとりある生活に繋がることが期待できますよ!

最後に

中古物件をリフォームするなら、こんな素敵なものをつけてみませんか。シーリングファンライトがお勧めです!

おしゃれなだけじゃない!照明は機能的なシーリングファンライトがお勧め!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら