元本保証と非保証を組み合わせる効率の良い投資方法「定率法」とは

今回は、投資の「定率法」についてご紹介します。その前に、前にご紹介した定額法について、少し説明しておきます。定額法は、一つの銘柄、例えば、アサヒビールなら、アサヒビールについてだけするのが、初めての方は運用しやすいです。しかし、慣れてくれば、2つ以上の銘柄を混ぜて定額法を実施する方が効率的です。例えば、平均株価1株20万円の株と、平均株価1株2万円の株を組み合わせます。このようにすると、定額法も効率よくなります。もっと慣れてくれば、数種類の銘柄を定額法に組み入れて、株式運用している人もいます。

定率法とは

今日ご紹介する投資には預貯金のように元金保証のものと、株のように元金が保証されないものがあります。この元金保証の投資金額と、元金が保証されないものの投資金額を一定にしておくのが定率法です。

具体的に言えば、100万円の余裕資金があるとします。すると定率法で50%と決めて、預貯金に50万円、株に50万円投資します。そして、株価が1.2倍に上がって60万円になったとき、総資金は110万円になります。

そこで株を5万円分売り、代金を預貯金に回します。これで預貯金は55万円、株の時価総額は55万円、また50%になりました。

次に株価が大幅に下がり、60万円の株価が45万円になりました。これで総資金は、また100万円に戻りました。そこで預貯金から5万円をだし、株を買います。

これでまた預貯金は50万円、株は50万円で50%になりました。次に45万円の株が上がり50万円になりました。約1.1倍です。

今度は預貯金は50万円、50万円の株価が55万円になったのです。総資金は105万円、つまり5万円の儲けです。また、同じように50%ずつにします。以上をシュミレーションすると次の通りです。

株(時価総額) 預貯金 総資金
1 50万円 50万円 50% 100万円
2 60万円 50万円 110万円
55万円 55万円 50%
3 45万円 55万円 100万円
50万円 50万円 50%
4 50万円 55万円 105万円
52.5万円 52.5万円 50%

定率法は以上のように、途中で30%以上の株価暴落にあってもしっかりと利益を得られるのです。この定率法は、先の定額法に比べると、効率のよいことがわかるでしょう。なぜなら、定額法の場合、株価の値上がり分はすべて売ってしますのですが、定率法では一部分だけを売り、その他は株にまわすのです。その分、定率法は効率がよくなるのです。

定率法の比率

長期的戦略では、預貯金対株の比率は7対3、短期的戦略では、5対5が安全だといわれています。是非一つの参考にしてみてください。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら