メルカリ・ラクマ等フリマアプリで初心者が起こすトラブル!私の実体験〜出品者編〜前編

スポンサーリンク
728×90

前回の記事では、フリマアプリラクマで私が購入者側で起こしてしまったトラブルに関して書きました。今回は、私が出品者側で、しかも、あのフリマアプリ最大手のメルカリで起こしてしまったトラブルに関して書きたいと思います。なかなかの長期に渡ったトラブルでしたので、記事も長くなるため、前後編でお届けします!

フリマアプリで起こるトラブル。商品が届いていない!?

ラクマで購入者側でとても嫌な思いをした私ですが、懲りずにフリマアプリを利用し続けていました。

メルカリは出品者としても利用しており、最初のうちは使い勝手が分からず、いわゆる『値下げお願いします』という購入者側のコメントにも安易に応じてしまい、相場よりもだいぶ安く売ってしまったりで、損もしてきましたが、順調に利用していたつもりでした。

その慢心がいけなかったのか、ある商品を購入された方と、思いがけないトラブルを起こすことになります。

普通郵便で商品を発送しました

その商品は軽くて小さい物だったので、普通郵便にて発送していました。それが大きな間違いだったと気が付くのは、購入者側に「商品が届かないのですが」とメルカリの取引画面のメッセージにて言われたことです。

普通郵便は、ご存知の方が殆どだと思いますが、追跡番号や、不時着や破損時の補償サービス等はありません。それに、いつ相手側に届くのかも明確には分からず、時には一週間近くかかる場合もあると耳にしたことがあります。

そのために、なんらかの原因で到着が遅れているのだろうと、ひとまず待って頂くことにしました。

「今日もまだ届きません」と数日間経過してからまた言われたので、私は普通郵便の調査制度を利用することにしました。これは、最寄りの郵便局か、もしくは郵便局のホームページから、普通郵便の配送状況がどうなっているかを調査してもらえる制度です。

大体約二週間前後調査には時間がかかり、インターネットからだと余計に時間がかかるという話を聞いていたので、すぐに最寄りの郵便局で調査依頼の用紙を書きました。

自分と相手の住所はもちろん、どこで何日の何時ぐらいにその郵便物を出したのか、その見た目はどういった物なのか、等も書かなければならず、結構面倒だったことを覚えています。

普通郵便の調査

私はこのサービスを過去に一度だけ利用したことがあり、その際は結局郵便物は見つからず、一ヶ月後ぐらいに『調査の結果、この度は誠に残念な結果となりました。申し訳ございませんでした』のような手紙が郵便局から送られてきただけでした。

なので、今回もそうなることを覚悟し「もし郵便物が見つからなかった場合には、商品の返金をします。お待たせするのも申し訳ないので、今すぐの返金も可能です」といった趣旨の内容を購入者側に伝えました。

購入者側は「気長に待ってみます」と言ってくださいました。「もし商品が見つからないのであれば、今回は授業料として諦めたいと思います。色々としてくださって、ありがとうございます」なんて気の長い良い方なのだろう、と思った私が大間違いでした。

郵便局からの調査の結果、商品は届いているのに・・・。

調査結果は、一週間もしないうちに出ました。近くの大きな郵便局から電話がかかってきたのですが、それによると「間違いなく相手側に配達しています」とのこと。

そのことをすぐに購入者側に伝えると「でも、絶対に届いていないんです」とメッセージが来て「それでは、盗難の可能性があるので、そちらの可能性も調べてみてください」のような内容を私が送った後、返事が来なくなりました。

なぜ間違いなく相手側に郵便物が届いていると分かったのか疑問に感じたので、郵便局にこちらから電話してみたところ「相手の方が変わった名前だったので、配達員が覚えていました」と言われました。

それだけでは誤配や盗難(たまにあるらしいのですが、ポストからの郵便物の抜き出し)という可能性もまだ捨てきれませんよね。ですが、次に郵便局の方に言われた言葉に、私は絶句しました。

「ご本人の家まで配達員が直接伺って、母親らしき方から、確かにお宅様からの郵便物を受け取ったという回答を得ています」と。

これは詐欺行為だったのかとびっくりし、私は購入者側にすぐに「お母様が確かに郵便物を受け取っていると、ご自宅に伺った配達員の方におっしゃられたそうです。すぐに確認して頂けますか?」と送りました。すると「母に確認してみます」とメッセージが来て、また音沙汰なしに。

これでは堂々巡りになってしまうと、私は再度郵便局に電話をし、この度の経緯を詳しく説明しました。その日の夕方に郵便局の方から電話があり、配達員の方がまた購入者側の自宅に伺ってくれて、母親から「確かに息子に渡しました」と聞き出したとのこと。

本人に聞いたら、受け取っていないと言うだろうから・・・と、わざわざ母親(らしき人、ですが)に聞いてくださったそうなんです。まさか郵便局の方がここまで動いてくれるとは思わず、そのことに感動し、感謝してもしきれないと、お礼を述べました。

さて、郵便局の方々の素晴らしい対応はともかく、問題は購入者側です。私は一体、どのようにこのトラブルを解決したのでしょうか。後編に続きます。

この記事を書いた人

Mari
Mari
アラサーの子持ち主婦です。
家事・育児をしながら、メルカリやポイントサイト等でお小遣い稼ぎをしています。
こちらでは皆様のお役に立てる記事を書いていければ良いなと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら