メルカリ・ラクマ等フリマアプリで初心者が起こすトラブル!私の実体験〜出品者編〜後編

前編では、メルカリにて普通郵便が届いていないと購入者側に言われ、そのために郵便局に調査依頼を出し、結果的に届いていた・・・というところまででした。後編では、どのようにこのトラブルを終結させたのか、書かせてもらいたいと思います。

メルカリでトラブルを起こした相手があっさり受取評価をした

私はまず、購入者側に

「また配達員の方がご自宅に伺い、お母様が確かに息子に渡したとおっしゃられたそうです。これはもう個人間で解決出来る問題の範疇を逸脱していると感じますので、メルカリの運営側に報告し、判断して頂こうかと思うのですが、いかがでしょうか」

のように、きつめの内容を送りました。

するとなんと、五分もしないうちに商品の受取評価がされました。その後に購入者側からメッセージが来て「すみません。僕のきょうだいが受け取っていました」と。この記事を読んでいらっしゃる皆様でしたら、この言い訳を信じられるでしょうか。

その際に購入者側はプロフィールも変更し「トラブルを避けるために、商品は追跡サービスがあるもので送ります」としていました。

私は信じる・信じない以前に、腹が立っていたので、こう送りました。

「すみませんの一言で済む問題なのでしょうか。また、今回のトラブルは、追跡サービスの有無で回避出来たものなのでしょうか。私はそうは思いません。家族に確認という最低限のことを怠った時点で、あなたに非があると感じます」と。

とにかく購入者側は「すみません」と言うばかりだったので、もうこれ以上私が何を言っても無駄だと思い、購入者側の評価を私がつけて終わりにしました。相手にも承諾を得ましたが、当然評価は『悪い』です。

購入者側の評価は『良い』でしたが、そのコメントも終始言い訳のみで、一言で言えば不愉快なだけの取引となりました。

詐欺か!?個人売買の商品を普通郵便で送るのは危険です!

この購入者が意図的な詐欺目的でこのようなことをしたのかどうかは、今となっては全く分かりません。それは以前の記事、購入者編で書いた時のトラブルと同じです。

今回のトラブルで私が学んだことは『普通郵便等、追跡や補償サービスのない商品発送方法は危険だ』ということです。相手側に「届いていない」と言い張られたら、泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

私のこのケースでは郵便局の方が積極的に解決のために動いてくれて、不幸中の幸いか、購入者側の母親の方は正直に回答してくださったので泣き寝入りにはなりませんでした。ですが、もし母親が「届いていません」と回答していたら。そう思うと、ゾッとします。

この件があってからインターネットでこういったフリマアプリでのトラブルを調べたのですが、沢山記事がヒットしました。中には、数万円もする商品が届いていないと言われ、泣き寝入りしたという方もいらっしゃいました。

私のケースの場合は数千円でしたが、一円でも泣き寝入りするのは悔しいのに、ましてや数万円を泣き寝入りしなければならないなんて・・・と、再びゾッとしました。

しかし、多かった意見は「そもそも、そんな高価な商品を普通郵便で発送する方が悪い」というものです。これにも一理あります。普通郵便の誤配や、紛失等の不着は滅多にあることではありませんが、それでも実際にあることです。

私は、小さくて軽い商品だからと普通郵便で送ってしまいましたが、これはとても危険な行為だと、つくづく思い知らされました。

それ以降、私はごく限られた商品以外、メルカリでは『らくらくメルカリ便』または『ゆうゆうメルカリ便』を使用しています。これらの発送方法に関してはまた詳しく記事を書きたいと思いますが、どちらも商品の追跡・補償サービスがあり、なおかつメリットだらけです。

最初からこの発送方法を使用しておけば良かったなと、自分の浅はかさを悔やんでいます。皆様も、フリマアプリで出品者側になる際には、出来る限り追跡・補償があるサービスを利用して発送してくださいね。

最後に

ところで、私はこのトラブルの件を、何度もメルカリの運営側に問い合わせていました。それでも一切返信はなく、購入者側が受取評価をしたので『一応解決しました』と送ったところ、ようやく返信が来て『今回は無事に受取評価をして頂けたようで良かったですね!』といった内容が返ってきただけでした。

あのまま受取評価をされなかったら一体どうなっていたのかは分かりませんが、メルカリの運営側がすぐに動いてくれるわけではない、ということは、メルカリを利用されている方は頭に入れていた方が良いと思います。

購入者側が受取評価をしてくれない場合には、事務局に強制評価を依頼することも出来ますが、厳しい条件があります。

  • 発送通知をした8日後の13時以降
  • 購入者の最後の取引メッセージから3日後の13時以降

となり、また

*話し合いが継続している場合や商品に問題がある場合、事務局での評価はできません。(原文ママ)

ともあります。これでは、いつまでも購入者側に「絶対に届いていない」と話を続けられてしまったら、本当に泣き寝入りするしかないですね。そうならないためにも、発送方法には気を付けましょう!

この記事を書いた人

Mari
Mari
アラサーの子持ち主婦です。
家事・育児をしながら、メルカリやポイントサイト等でお小遣い稼ぎをしています。
こちらでは皆様のお役に立てる記事を書いていければ良いなと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら