柔軟剤は多めに入れるとフワフワに仕上がる?柔軟剤の豆知識と上手な使い方

スポンサーリンク
728×90




みなさんは、洗濯のときに柔軟剤は使っていますか?実に8割以上の柔軟剤愛用者がいるというほど、柔軟剤使用率が上がっているのですが、正しい使い方はできていますか?柔軟剤の香りを長続きさせるために多めに入れたり、たくさん入れた方がフワフワに仕上がると思っている方もいるのではないでしょうか。何気なく使っている柔軟剤ですが、意外にもその成分や特徴を知ることで、もっと上手に使える方法があるのです。今回は、柔軟剤にまつわる豆知識をご紹介します。

柔軟剤の成分って?

柔軟剤といえば香りがよくフワフワに仕上げてくれる、洗濯に欠かせないアイテムとなりつつありますが、そもそもなぜフワフワに仕上がるのでしょうか。

買ったばかりのタオルはフワフワなのに、何回か使っているうちにごわごわに硬くなってしまうことってありますよね。それは、使用するたびに摩擦でタオルの繊維が劣化して、表面が荒れてしまうからです。

フワフワの感触に戻すために、柔軟剤の出番となります。柔軟剤は陽イオン系の界面活性剤という成分が主となり、この成分が繊維の表面に吸着して、保護膜を覆うことで繊維同士のすべりをよくし、やわらかな感触に仕上がるのです。

柔軟剤の製品によっては、仕上がりをさらに良くするための性能向上剤や、性能を安定して保つための安定化剤などが配合されているそうです。

柔軟剤は静電気防止にも効果的?

柔軟剤は繊維を柔らかくするだけでなく、静電気を防止する効果もあるのを知っていますか?衣類は化学繊維を多く含んでおり、化学繊維の欠点は静電気を帯びやすいという点です。そのため、冬の静電気が発生しやすい時期は、とくに柔軟剤が活躍するのです。

しかも、静電気を防止させる効果を柔軟剤に入れたのではなく、そもそもの成分に静電気を防止する効果が含まれているという、柔軟剤を開発した人は凄いですね。

静電気は、ホコリや汚れも吸着しやすくしてしまうので、今の花粉の時期にも柔軟剤を活用して、花粉から衣類を守るのにもおすすめなのです。また、衣類だけでなく、マットやカーテンなどの洗濯時にも柔軟剤を入れて、ホコリや汚れの吸着を防止しましょう。

柔軟剤の種類によっては、抗菌・防臭効果が含まれるものもあるため、部屋干しやタバコの臭いが気になる方は、柔軟剤を上手に活用してくださいね。

柔軟剤はたくさん入れた方がいい?

フワフワの仕上がりや香りを長続きさせたいために、柔軟剤を多めに入れたくなりますが、それはNGなんです。最近の柔軟剤は、香りを長続きできる商品がたくさん販売されていて、商品によっては汗などの水分と反応して、香りがするようなものまであります。

さらに、柔軟剤を多めに入れ続けると吸水性が薄れ、タオルなどが水を吸わないということになってしまいます。もし、衣類やタオルなどの吸水性が薄れてしまったら、しばらくは柔軟剤の使用をやめて、余分についた柔軟剤を洗い落としましょう。

そのため、柔軟剤は使用量をしっかり守るのが、ベストな使い方ということです。

柔軟剤の上手な使い方として、ルームフレグランスとして活用するということもできます。カーテンやソファーカバーといった大きめのファブリック類や、トイレや洗面所のタオルなど、表に出ているものに使うのがおすすめです。

香水のように強い香りではなく、やさしいほのかな香りに包まれることで、気持ちよく1日を過ごせるのではないでしょうか。

おすすめの柔軟剤は?

柔軟剤といっても種類が豊富で悩んでしまいますよね。香りを重視するのか、価格を重視するのか、重視する内容によって異なります。それでは、おすすめの柔軟剤をご紹介します。

香り重視

「メキシコダウニー エレガンス」

柔軟剤で有名なダウニーですが、その中でも香りで人気が高いのがめ「メキシコダウニーエレガンス」です。華やかな香りで長持ちするため、香りを持続させたい方におすすめです。

「花王 フレア フレグランス」

汗や体温を感じると香りがする香りセンサーつきで、朝から夜までその働きが持続します。静電気を防ぎ、抗菌・防臭効果もあるため、汗をかきやすい時期にもピッタリですね。

価格重視

「fabrush(ファブラッシュ) 柔軟剤 無香料」

価格を重視するならファブラッシュの柔軟剤です。600mlで348円ですが、ドラッグストアやインターネットでは300円以下で購入できることもあるようです。

無香料で香りが苦手な方や、香水で自分好みの香りをつけたいという方におすすめです。

部屋干しでも安心

「花王 ハミングファイン」

1日中防臭効果が続き、ニオイ菌の増殖を防いでくれます。サラッとした肌触りが良い仕上がりで、部屋干しの生乾きの臭いが気になる方におすすめです。

「ランドリン」

ランドリンの柔軟剤は、クラシカルで優雅な気分にさせてくれる、優しい香りが特徴です。1日中持続する香りが部屋の中を包み、部屋干しの嫌な臭いを抑えます。ボトルがおしゃれとママ達からの支持も熱いようです。

仕上がり重視

「ハミングNeo」

フワフワの仕上がりを求めるのであれば、ハミングの柔軟剤がおすすめです。独自の柔らか成分で、少量でもふんわり着心地が良い仕上がりになります。赤ちゃんにも使えるのも嬉しいですね。

最後に

いかがでしたか?柔軟剤といっても種類や香りが豊富で、何を重視するかによって選ぶものも変わってくるんですね。

柔軟剤の効果や正しい使い方を知ることで、より快適に過ごすことができるのではないでしょうか。今の柔軟剤に満足していない方は、使い方や種類を見直してみて下さいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら