他人事じゃない土砂災害や浸水被害。台風の風だけでなく、水害も火災保険で適用される?

スポンサーリンク
728×90




ここ最近、台風ゲリラ豪雨の影響で、土砂災害や住宅の雨漏り浸水と言った被害が相次いでいます。地域によっては、毎年何らかの水害を受けているというところもあるようです。そこで気になるのが、火災保険豪雨や台風の被害に適用されるかどうかです。今一度、水害に対する火災保険の補償について知っておきましょう。

加入している火災保険を確認

台風やゲリラ豪雨で、被害に遭ったときに適用される保険についてご紹介します。火災保険の補償は、台風や強風による「風災」と台風で大雨が降り洪水や土砂崩れ、床上浸水が起きたときの「水災」として補償されます。それでは、全ての火災保険の対象に水害が含まれているのでしょうか。

火災保険に風災や水災補償は含まれる?

結論から言うと、現在の損保各社の火災保険には水害の補償が含まれているプランと含まれていないプランがあります。もしくは、自ら補償内容を選択するプランというのもあります。これは、自分で不要なプランを削除することで、必要と思う災害の補償だけに特化できるため保険の種類によっては金額も変わってくるでしょう。

そのため、水害の補償が含まれないプランに加入しているか、自ら水害の補償を削除していない限りは、通常の火災保険に水害の補償が含まれているということです。

ひとつ注意しなければいけないのが、長期の火災保険に加入していて以前の住宅火災保険、普通火災保険に契約している人は水害の補償は適用されません。2015年10月以降は長期契約は10年までと決められており、また住宅火災保険と普通火災保険の新規取り扱いはしていないため、これらは抒情に減ってくるようです。

火災保険で水害となる規定は?

自分の加入している火災保険に水害が補償されていたら、次は水害と認定される規定を確認してみましょう。水害として火災保険が認定され、保険が支払われるには一般的に2つの規定があります。

一つ目は「床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水」、二つ目は「建物や家財それぞれの損害割合が30%以上」といった規定があります。そのため、床下浸水の場合では、火災保険の規定に満たない可能性もでてきます。

30%以上の損害といっても、保険会社によって保険金が支払われる基準はバラバラで、実際の損害額を支払う「実損払い」や損害の割合によって応じる金額が異なる「定率払い」というものもあります。お住まいの地域が水害に遭う可能性が高い地域であれば、実損払いにするという方法もありますが、その分保険料も高くなるため慎重に検討してみて下さい。

雨漏りは火災保険で補償できる?

台風やゲリラ豪雨により雨漏りが発生した場合、火災保険は適用されるのでしょうか。正解は、雨漏りは火災保険対象外となります。雨漏りの定義を調べてみると、雨漏りとは雨風や砂ぼこりの吹き込みとなります。

そもそも雨漏りが起こるのは、一般的に建物の老朽化によるものがほとんどなのです。そのため、もしかすると雨漏りが起こるかもしれないと予測できることから、火災保険の補償の対象にはならないということです。もともと雨漏りしていた箇所が、台風や強風により屋根が剥がれたり破損した場合は、風災として火災保険の対象となるので注意しましょう。

最後に

いかがでしたか?大まかな火災保険の水害に対する補償についてご紹介しましたが、保険会社や商品のプラン内容によって異なるところもあるでしょう。気になることは事前に契約している保険会社に確認して、安心して暮らせることが一番ですよね。

また、集合住宅に住んでいる方向けの記事もあります。マンションやアパートにお住まいの方は、こちらをお読みください!

マンションやアパートなどの集合住宅に住むなら火災保険は絶対に必要!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら