お肌のシミ、80パーセントは紫外線が原因!実はそのシミ。メラニン色素が肌を守ろうとしているのです!

スポンサーリンク
728×90




今や女性だけではなく男性にもお肌の悩みはありますよね。お顔のシミ!気づけばたくさんのシミ!どうして急激に増えるのか、またシミの予防法とできてしまったシミに良い対処法をご紹介します。

シミってなに?

シミには

  • 肝斑
  • 雀卵斑
  • 老人性色素斑
  • 脂漏性角化症
  • 炎症後色素沈着

などがあります。身体にメラニン色素が蓄積され色素沈着となり、この色素沈着のことをシミといいます。シミのできる原因はさまざまですが80パーセントは紫外線によるものです。

紫外線のほかにはホルモンバランスの崩れや睡眠不足、剃刀負けやにきび痕などの皮膚への刺激、加齢による代謝力の低下などもシミができる原因です。

シミはニキビ跡など炎症によって引き起こされたり、紫外線によるダメージの蓄積や加齢など、後天的なものが主な原因となります。

老化現象のひとつである老人性色素斑やニキビ跡など皮膚の炎症が原因でできる炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑(かんぱん)などがシミにあたります。

人間の皮膚というのはいくつもの層によって成り立っているのですが、基底層という部分にあるメラノサイトが紫外線やホルモンの影響など様々な刺激を受けると皮膚を守ろうとする防御機能が活性化し、メラニン色素が作り出されます。

通常はこのメラニン色素は皮膚のターンオーバーにより排泄されるのですが、生成される量が多すぎると排出しきれず残り、表皮にたまってしまうことでシミとなってしまうのです。

肌のシミの原因の大半は”日光による皮膚の障害”ですから、日光を避ければ防げる皮膚トラブルの一つなのです。日の当たる皮膚と日の当たらない部分の違いは日光による皮膚のダメージ度によるものです。

シミとくすみの違いは、シミはメラニン色素が正体で、皮膚のなかにあるもの、くすみはメラニン色素ではなく皮膚の表面にあるものという違いです。

シミとそばかすの違いは、そばかすはシミと違い、多くは遺伝性のものです。そばかすは通称で、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)といいます。斑点の大きさは通常のシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴。顔以外の部位にも出現します。

また、紫外線を浴びることで濃くなる性質があり、シミとは反対に加齢とともに薄くなることもあります。後天性や遺伝性など、シミとそばかすには大きな違いがありますが、その引き金となるのはどちらもメラニンであることに変わりはありません。

シミができやすい部分

日焼けの蓄積が起こりやすいところ。髪の生え際や眉の上など部分的にできることもあります。額全体にできるとかえってシミと言うことに気づかず、お手入れが遅れることも。

目の周り

目尻のあたりや、目頭と鼻の間のくぼんだ部分、髪の生え際にできることが多い。

日光が多くあたりやすい、頬骨の高い部分にできることが多い。化粧かぶれなどの色素沈着が起こることもあります。

口のまわり

口のキワにはできないが、口角から下の部分にできやすい。また、上唇にできるとヒゲのように見えることも。

自己防衛のためにメラニンがつくられる。シミが出来るメカニズムとは

メラニンが生成される理由は、自分自身を守るためです。紫外線から細胞を守ろうとして、肌自身が黒い傘をさしたようなイメージを持っていただくと、わかりやすいかと思います。この黒い傘はメラニンでできています。

メラニンは、アミノ酸の一種であるチロシンが姿を変えたものになります。チロシンは元々メラノサイトという細胞の中にいるのですが、紫外線によって活性酸素が発生すると、メラノサイトが活性化され、メラノサイトはチロシナーゼという酵素を元気にしてしまいます。

そして、この酵素がチロシンをメラニンへ変換してしまうのです。

活性酸素も元々は体を守るためにあるものなのですが、過剰に発生すると自分自身を傷つけてしまうのです(体のサビの原因でもあります)。活性酸素が過剰発生する原因としては、紫外線はもちろんのこと、ストレスや食品添加物、喫煙などになります。

本来、メラニンによってできる黒い傘は、ターンオーバーによって外に垢として排泄されます。しかし、ターンオーバーがきちんとなされていない状態ですと、肌に留まりシミとなってしまいます。メラニンの生成が通常の状態でも、新陳代謝が乱れていればシミはできてしまうのです。

シミの対処法

ピーリング

肌のターンオーバーは年齢と共に遅くなり、メラニン色素が排泄されずシミとして残りやすくなります。特に、くすみやごわつきがある人は古い角質が溜まっている状態ですので、シミが蓄積されやすいです。

また、このような状態で美白化粧品をつけても浸透されません。シミが出来たら、ピーリング剤でターバーンオーバーを促進し、肌代謝を高める事が大切です。ご自宅で行う際は、肌に負担のかからないピーリング石鹸や、洗い流すタイプのピーリング剤がおすすめです。

スキンケア

薄い段階のシミでしたら、美白化粧品できちんとケアすれば薄くする事は可能です。但し、ほとんどの美白化粧品は、メラニンの生成抑制にアプローチする“シミ予防”のものが多いです。

出来てしまったシミには、メラニン還元作用のある成分が配合されたものを使用すると良いでしょう。メラニンを薄くする「ビタミンC誘導体」や、「ビタミンCエチル」、メラニンの排泄を促す「4MSK」などがあります。

保湿

実は、シミと保湿はとても深い関係にあります。乾燥し水分を失った肌は、紫外線が肌の奥まで入りやすく、シミも出来やすくなります。また、乾燥すると肌のターンオーバーが乱れ、角質が溜まってシミが残りやすくなります。

しっかり保湿をして、シミになりくい肌作りをしましょう。

食品

出来てしまったシミは、体の中からのケアも大切。シミに効果的なのがビタミン類。ビタミンAは肌のターンオーバーを促進し、ビタミンBは乾燥肌にいいとされています。ビタミンCは、メラニンの生成抑制、ビタミンEは抗酸化効果があります。

色とりどりの緑黄色野菜やフルーツを、積極的に摂取しましょう。

いかがですか。いつもの生活の中で実践できる簡単な対処法がありますので、ぜひ今から未来のお肌の為に少し手間をかけてみませんか?おやつにフルーツを取り入れればシミを予防しながら健康管理も出来ますよね。まずはご自分の生活スタイルの見直しから行いましょう。

真冬の5倍ものUV-B波が飛び交う真夏!カラダの中から紫外線対策をしよう!

最後に

紫外線からお肌を守るための対策と方法について、次の記事でもご紹介しています。続けてご覧ください!

夏の強い紫外線から白肌を守りぬく!上手な紫外線対策の方法とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら