冷凍庫に入れるだけの一夜豆腐!栄養価が高い大豆サポニンやイソフラボンが入っている高野豆腐の作り方とは

スポンサーリンク
728×90




冬は鍋物がおいしく、また体も温まります。そこで会社の帰り、又は家庭で鍋物を囲むことも多いのです。鍋物といえば、肉や野菜がたっぷりと入ったちゃんこ鍋のような料理を想像します。また、鍋物には豆腐も欠かせません。しかし、豆腐は足の速い食材です。夏などは一日で腐ります。冬は気温が低く、冷蔵庫に入れておけば数日は持ちそうですが、やはり安心して食べられません。しかし、品質は変わりますが、その豆腐も家庭で保存する方法があるんです!

冷凍庫で凍らせるだけで高野豆腐が作れる

ご自宅の冷蔵庫に冷凍庫はありますか?そこに豆腐を入れて凍らすのです。一日あれば、十分凍ります。これで高野豆腐の出来上がりです。この家庭で作った高野豆腐、そのままなべに入れるとおいしいですよ。

また、冷凍庫の中で凍らせた豆腐はそのまま数週間も数ヶ月も持ちます。私はスーパーなどで豆腐の安いときにたくさん買っておいて、冷凍庫に保存しています。すると、いつでも自家製の高野豆腐が食べられます。

祖母は自家製の高野豆腐を一夜豆腐と呼んでいました。たしかに一晩で出来ます。また、この一夜豆腐、市販の高野豆腐よりおいしいです。その上、安く経済的です。

高野豆腐は大豆サポニンやイソフラボンなどの栄養もたっぷり

高野豆腐には、脂質の代謝をうながす大豆サポニンや、老化の予防するビタミンE、さらに骨そしょう症を防ぐイソフラボン、その他

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンK
  • 亜鉛
  • 食物繊維

など、栄養素が豊富で離乳食やダイエット中の食事にはもってこいと言われているのです。高野豆腐は凍らせる過程において、タンパク質が変性するのですが、変性したタンパク質は血中コレステロールを抑制する作用が強く、胃の中での消化吸収性にもとてもすぐれているのです。

また、良質な資質も豊富に含んでいます。

高野豆腐の100g中には約33gの脂質が含まれいて、牛肉とそれほど変わりません。この脂質の80%が不飽和性脂肪酸で、あまり欲しくない中性脂肪やコレステロール(レシチンが豊富!)を減らす働きをしてくれます。

離乳食やダイエット食ということだけでなく、生活習慣病の予防にも役立ちますよね。

最後に

高野豆腐、毎日食べてもいいなぁと思われた方。一番簡単な調理方法はお味噌汁です。毎日のお味噌汁に細切りして入れて食べ見てはいかがでしょうか。いい忘れていたことがありました。この、高野豆腐、全国ではさまざまな呼び名があるらしいです。

しみ豆腐・連豆腐・氷豆腐。

いずれにしても、豆腐を冷凍保存させたものには間違いないですね。タンパク質が変わる高野豆腐、試してみてはいかがでしょうか。

また、冷凍できる食材としてこのような食材があるのご存知でしょうか!続けてご覧ください!

卵も冷凍保存できるの?!冷凍保存の裏技~卵・乳製品・豆類編~

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら