長持ちして時短料理にも最適!話題の冷凍卵で手軽に一品♪

スポンサーリンク
728×90




最近、豆腐やコンニャクを冷凍する料理術が注目されていますが、冷凍の中で今一番話題になっている「冷凍卵」を知っていますか?卵を冷凍?!と半信半疑になってしまいますが、実際に試した方にしか分からない冷凍卵の素晴らしさがあるというのです。冷凍卵のレシピ本が出たり、テレビ番組でも紹介されるほど注目されている冷凍卵とはどのような料理なのでしょう。今回は、冷凍卵の作り方や料理方法についてご紹介します。

冷凍卵はメリットがいっぱい

卵をただ冷凍したのではなく、きちんと冷凍するには訳があるというのです。それでは、冷凍卵にはどのようなメリットが隠されているのでしょう。まず、冷凍卵の一番のメリットは保存期間にあります。

卵は購入してからだいたい賞味期限は2週間ほどとなるのですが、ゆで卵にしてしまうと3日ほどで傷んでしまいます。

しかし、冷凍卵はなんと1カ月程度も保存が効くのです。そして、冷凍卵の黄身は水分が抜けてグッと凝縮されており、ねっとりとした濃厚な味に仕上がります。冷凍したからといって、卵がもともと持っている旨み成分や栄養自体は減ることなくそのまま維持されるので、まさに美味しいとこ尽くしということです。また、卵が冷凍して固まることで、生卵ではできない料理のレパートリーも広がります。

冷凍卵の作り方

それでは、肝心の冷凍卵の作り方をご紹介します。とっても簡単なので、卵があればすぐに真似できますよ。

  1. ジップロックに新鮮な生卵を入れる(冷凍すると膨張し殻が割れるため密封する)
  2. 冷凍庫に3時間以上入れる

はい、これだけで冷凍卵の完成です。そして、解凍方法も簡単で、凍った状態で殻をむいて1時間程度自然解凍するだけです。料理の種類によっては冷凍卵を解凍せずに凍ったまま使うこともあるため、まさに時短料理ができちゃいます。

ここで注意したいのが、解凍するときに電子レンジを使うと卵が爆発する可能性があるため、電子レンジでの解凍はやらないようにしましょう。

冷凍卵を使った簡単レシピ

ここまで冷凍卵がなぜ人気なのか、メリットや簡単な作り方を知ることができましたよね。それでは、冷凍卵を使った簡単レシピをご紹介します。

1:冷凍卵の黄身の醤油漬け

  • 冷凍卵を自然解凍し黄身と白身に分けます。
  • だし醤油(大さじ1)と日本酒(大さじ1)を合わせたものに黄身を漬けて、ラップを落とし蓋代わりに置きます。
  • 5分ほど漬けたら完成です。

詳しいレシピ

http://cookpad.com/recipe/1801459

2:冷凍卵の天ぷら

  • 冷凍卵は凍ったまま使うため、解凍不要です。
  • 冷凍卵に小麦粉を薄くつけ、次に天ぷら粉を水で溶いたものをつかます。
  • 160度の油で3分揚げて、ひっくり返したらさらに3分揚げて出来上がり。

詳しいレシピ

http://cookpad.com/recipe/2866352

最後に

卵の醤油漬けは普通に作ると一晩置かなければいけないので、かなりの時短テクニックです。また、卵の天ぷらは普段天ぷら屋さんで食べることはあっても、自分で作るのは油がはねたりするため勇気がいりますよね。

このように、冷凍卵は普段自分で作れない料理にチャレンジすることが出来るほか、時短料理としても注目されているのが分かります。今は、卵は焼く・茹でるだけじゃなく、冷凍する時代なんですね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら