もったいない!果物の皮捨ててるの?バナナの皮まで無駄なく残さずフルーツを利用する方法

スポンサーリンク
728×90




ビタミンをはじめ、ミネラルなどが豊富な果物の摂取は、冬でも積極的に行いたいものですね。の部分に栄養価が高いといわれる果物も多いのですが、やっぱり残してしまったときに、なんかもったいないなと思ってしまうことはありませんか?そんなとき、簡単に再利用する方法を知っていれば、果物を買っても決して高いとは思わないはず。今回は3つの方法で果物の皮を再利用してみましょう。

バナナの皮で歯のホワイトニング!?

バナナのミネラル成分が歯の黄ばみを取り、ビタミンDがミネラルを浸透させ、歯を強くします。少し面倒に思えるかもしれませんが、なにしろ0円でホワイトニングができるのです。半信半疑でも毎日1回を2週間続けてみてください。効果があれば儲けもの。アメリカでは、すでに試している人も多いようで、YouTubeにも多くの動画がアップされています。

バナナの皮でホワイトニングする方法

  1. バナナの皮の内側の白い部分を歯に塗布するように擦りつけます
  2. そのまま10分間放置しますが、このとき唇などが歯に付かないよう、歯を乾燥させます
  3. 乾いた歯ブラシでクルクルと円を描きながら歯を磨きます
  4. 最後は普通に歯を磨いておしまい

りんごの皮はアップルティーや入浴剤として

りんごの皮は剥いたあともいい香りがしますよね。このフレーバーを捨ててしまうのはもったいない。皮を乾燥させておけば、生のままよりも長く保存することができます。完全に乾燥させるには風通しのいい場所で7~10日。冬ならストーブやファンヒーターの前で乾燥させると1~2日で乾燥させることができます。近づけすぎると危険ですので、距離をあけて、注意しながら乾燥させてください。

りんごの皮をティーポットに入れて熱い紅茶を注いで3分すれば、自然なフレーバーのアップルティーのできあがりです。お風呂に入れる場合は、ネットなどの袋に入れて、香りを楽しんでください。リンゴの皮にはペクチンという成分が含まれており、これが肌をなめらかにするので美肌効果が期待できます。

みかんの皮を煮出してフローリングの掃除に活用

みかんの皮に含まれるリモネンは市販の洗剤にも含まれています。これを手作りしてスプレーボトルに入れれば、惜しみなく使うことができるうえ、お子様やペットにも優しい安全な洗剤として活躍します。

油分を分解する働きがあるので、キッチンのレンジまわりや換気扇にも使えますが、フローリングの拭き掃除に利用すれば、汚れを落としながら自然なツヤが出ます。

床にみかんの皮で作った洗剤をスプレーしながら、乾いた雑巾で塗り広げるように拭くだけ。畳に使うときは、直接畳に吹きかけずに、雑巾にスプレー液を吹きかけて、畳の目に沿って拭きます。

スプレー洗剤の作り方

  1. 鍋に400ccの水とみかんの皮4個分程度を入れて15分煮出す
  2. あら熱をとったら、キッチンペーパーなどでこす
  3. スプレーボトルに入れたらできあがりです

※保存料が入っていないので、2週間程度で使い切ってください

最後に

いかがでしょうか。果物の皮は、美容にも家事にも使える優れものです。捨てるのはもったえない!是非一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら