多くの投資家が使っているファンダメンタル分析で株式投資は十分戦える!

スポンサーリンク
728×90




今まで、ファンダメンタル分析チャート分析でいくつかの方法を紹介しました。ところが、最近、他のブログや株関連の雑誌などを読んでいると、あまり知られていない分析方法を述べているものも多いです。その中には、確かに新しい株価予測技術として役に立つものがあるかもしれません。しかし、中には、単に新しいものを紹介しているだけとしか思われないものも多いです。

今まで紹介したファンダメンタル分析などの方法だけで十分

というのはファンダメンタル分析ではPER,PBR,ROE,来期の予想営業利益ぐらいで十分です。またチャート分析でも

  • ローソク足、
  • 移動平均線、
  • モーメンタム、
  • ストキャステクス、
  • RSI

ぐらいで十分です。ようは、それらをどのように組み合わせて使うかです。また、それらにどのような要素を加えるかです。

ですから、色々な新しい予測方法を何の考えもなく使ってもあまり意味がありません。というのは、多くの投資家は、今まで使われてきた予測技術を使っているのです。ですから、たとえば、移動平均線でゴールデンクロスが出たら、多くの投資家はゴールデンクロスが出たと気づきます。

気づいたら買いに出ます。

多くの投資家が買いに出たら、株価は自然にあがります。つまり今までの予測技術で株価の上昇信号が出たら、それが多くの投資家の目につき、自然に株価が上がるのです。ところが新しい投資方法の場合、それを知っている投資家が少ないです。

ということは新しい株価予測方法で上昇信号が出ても、それに気づく人が少ないのです。その結果、株価が上がることも少ないです。

以上より、新しい予測技術に飛びつくのは考え物です。おまけに、新しい予測技術を紹介している作者は、本当にそれが投資家の役に立つと思って紹介しているのか、あるいは単に自分の博識さを自慢しているのかわかりません。私の見るところでは、後者の場合も多いです。

株式投資は実学です。マニアックでは儲けられません。

実は、このようなタイプは昔から多いです。古くは一目均衡表、新しくはMacd、いずれもマニアにように、これらの方法の信者が多いです。しかし、私自身が実際に使った経験から言いますと、一目均衡表は少し複雑で使いにくいです。

Macdは上昇信号や下降信号が現れるのが遅いです。両社とも、だましが少なく、マニアになる気持ちはわかりますが。

個人名を付けた予測方法は日本にはない

相変わらず、…足とか自分の名前を付けて、昔からある予測方法を、あたかも自分が創作したようにいっている人もいますが、もちろん、これらは問題外です。信用しないほうが良いです。

いろいろな方法を組み合わせること

株式投資で利益を得るのに、基本的な考えは危機管理です。つまり、できるだけ損をしないことです。そのためには、いくつかの予測方法を組み合わせるのです。その組み合わせ方については後ほど、別の機会に説明します。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら