熊本地震の支援として、熊本・大分関連の「ふるさと納税」をしよう!

スポンサーリンク
728×90




4月14日・16日に熊本県で大きな地震が発生しました。その後も余震が続き、現在もまだ警戒状態が続いています。被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。被災地では家屋が倒壊したり、道路など交通網にも大きな被害が出ています。このような時に地震でダメージを受けた被災地の企業や地元の雇用を守り、応援する意味を込めて「被災地関連株」を買ったり、被災地自治体にお金が入るように「ふるさと納税」は被災地にするというのも支援に繋がると思いますので、本日は被災地関連の「ふるさと納税」をご紹介させて頂きます。

熊本県へのふるさと納税

くまモングッズをはじめ、デコポンや馬刺し、和牛、米など地元の名産品が「ふるさと納税」返礼品として用意されています。現在は震災の対策が最優先ですから「ふるさと納税」返礼品の発送は大幅に遅れると思われます。このような時ですので、返礼品を目当てにするのではなく、完全に寄付のつもりで「ふるさと納税」をするというのも良いのではないかと思います。

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/43000

熊本県の南阿蘇村へのふるさと納税

地元の米、和牛、酒など「ふるさと納税」返礼品が多くありますが「南阿蘇村」では大規模な土砂崩れや橋の崩落などがあった為、返礼品の発送は大幅に遅れると思われます。やはり、今回は返礼品を目当てにするのではなく、完全に寄付として被災地に「ふるさと納税」することが良いのではないかと思います。

https://www.satofull.jp/vill-minamiaso-kumamoto/

熊本県宇土市へのふるさと納税

4月16日の本震が夜中に起きたことによって、助かった命がたくさんあったと思います。象徴的だったのが、この宇土市市役所だと思います。おそらく市役所庁舎は立て直しをしないと、使えません。選べる使い道で、その他市政運営全般という選択肢があります。ふるさと納税の自己負担額なんて2,000円。何か力になってあげたいですね!

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/43211

大分県のふるさと納税

大分県の「ふるさと納税」では、お食事券などが返礼品としてもらえます。大分県も被災してますので、特に大分県に縁のある方は、この機会に「ふるさと納税」で大分県を支援するのも良いと思います。

http://www.pref.oita.jp/site/furusato/

今回は被災地支援の意味を込めて、熊本を中心とした「ふるさと納税」をご紹介しました。地震で大きな被害を受けた被災地が、完全に復興するのには何年もかかると思います。被災地が復興するまで、被害を受けた地域に「ふるさと納税」をする事は確実に被災地支援に繋がります。

返礼品が注目されがちですが「ふるさと納税」の本質は自治体への寄附です。また2000円以上の寄附(ふるさと納税)を行った場合、住民税の約2割が還付、控除されます。

「ふるさと納税」をまだ行っていないという方は、この機会にぜひ被災地に「ふるさと納税」をしては如何でしょうか。

(※還付されるのは確定申告した場合の所得税分のみです。ご注意ください)

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら