3月3日は女の子の雛祭り(桃の節句)☆雛祭りの由来は上巳節?

スポンサーリンク
728×90




3月3日は「雛祭り」です。雛祭りは女の子が主役の日となりますが、なぜ雛祭りがあるのか知っていますか?また、雛人形を飾ったり、ちらし寿司を食べるのにはどのような意味があるのでしょう。桃の実がなるには3月はまだ早い時期なので、桃の節句と呼ぶことも不思議ですよね。よく考えると不思議がたくさんある「雛祭り」ですが、今回は雛祭りの由来や行事食の意味についてご紹介します。

雛祭りの由来とは

実は、もともと雛祭りは女の子のための行事ではなかったのです。雛祭りのルーツを遡ると、300年頃の古代中国で起こった「上巳節」が関係しています。上巳(じょうし、じょうみ)とは、3月上旬の巳の日を指していて、のちに日付が変わらないように3月3日に決められたそうです。

昔から季節の節目には邪気が入りやすいといわれていて、水辺に穢れ(けがれ)を流して厄を祓うという風習がありました。そのため、季節の節目に邪気を祓うための行事として、女の子限定ではなく老若男女すべての幸せをお祈りする行事だったのです。そして、この上巳節が遣唐使によって日本に広められ、やがて武家社会に伝わり江戸幕府によって3月3日を「桃の節句」と定めました。

これにより、3月3日は女の子の日、5月5日は男の子の日として定着していったようです。

ちなみに、桃の節句が桃の開花時期に重なっていることと、桃の木が邪気を追い払う神聖な木として考えられていたことも、桃の節句という呼び名に繋がっています。

雛人形が誕生した理由

雛祭りのはじまりが分かったところで、なぜ雛人形を飾るようになったのか疑問に思いますよね。雛人形の誕生は平安時代まで遡ります。

平安時代に貴族階級の子ども達の間で、紙の人形を使った今でいうおままごとのような遊びが流行していました。この遊びが雛遊び(ひなあそび、ひいなあそび)と呼ばれるようになり、雛遊びが上巳の節目と結びつき男女1体の紙で立てる雛人形が誕生しました。そして、人形作りの技術が進み現在の雛人形に変化していきました。

3月3日が女の子の日と定着すると、娘の厄を受ける雛人形はその家の財力をあらわすとされ、華やかで豪華な雛人形を飾るようになったのです。雛人形は人々の中で憧れとなり、ついには等身大の雛人形までも登場したそうです。このため、幕府は雛人形の大きさを24cmまでと制限したほどといわれています。等身大の雛人形には驚きですね。

行事食にはどのような意味が込められているの?

雛祭りで食べるものといえば、ちらし寿司ですよね。この他にも、はまぐりのお吸い物やひなあられ、菱餅などがありますが、なぜ雛祭りでこのような行事食が並ぶようになったのでしょう。

まず、ちらし寿司に関しては、実は雛祭りに直接繋がるものはないということです。これには驚きですが、見通しが良いという意味でれんこんや、マメになるという豆、長生きの意味としてエビが含まれているちらし寿司は、縁起がいいものとして雛祭りの定番メニューとなったようです。そして、はまぐりなどの二枚貝は対の貝同士でなければ絶対に合わないことから、相性のいい相手と永遠に結ばれるようにという願いが込められています。

菱餅は古代中国の上巳節から食べられていたもので、母子ともに健康でありますようにという意味が込められています。菱餅はのちに日本で3色に変化し、1色ずつに子供が健やかに育ちますようにという願いが込められているのです。

最後に

いかがでしたか?ただ昔から伝わる行事として、雛祭りを形式だけで過ごしていた人も多いのではないでしょうか。よく調べると、雛祭りは中国から伝わった人々の幸せを願うおまつりだったんですね。雛祭りは女の子のおまつりではありますが、家族全員の幸せを願ってお祝いをするのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら