厳しい残暑に負けるな!夏の睡眠を改善して快眠を得るためにはエアコンをうまく活用しよう!

スポンサーリンク
728×90

の厳しい暑さは、私たちの体力を奪うだけでなく、回復する方法まで奪ってしまいがちです。熱帯夜が続くと寝苦しさが勝って上質な睡眠がとれず、昨日の疲れを翌日まで持ち越して溜め込んでいく悪循環を作り出します。厳しい残暑を乗り切るために、快適な睡眠環境を作る方法をご紹介します!

睡眠不足の原因は体温の高さ

陸上で生活する生き物の多くは、目覚めと共に体温を上昇させて活発に動き、体温を下げることで体を休めて睡眠をとる生活サイクルを持っています。人間も例外ではなく、体が温かいと活発に動き、寒くなると眠くなる習性を持ちます。

夜になっても気温があまり下がらないせいで体温も高い状態が続き、眠りを妨げていることが、夏の睡眠不足の大きな原因になっています。

寝る前にきちんと体温を下げ、朝までその状態を持続できることが、安眠の秘訣と言えます。

うまく体を冷やす方法

とても暑い熱帯夜。普段通りに睡眠をとっても体の温度が下がりにくく、浅い眠りしかとれません。体を冷やして安眠できる環境を整える必要があります。そのために、空調など身の回りの物を有効活用しましょう。一番効果的な方法は、やっぱりエアコンです。

電気代を気にする人も多いですが、設定温度を高めにしておけばコストを抑えることができます。28~29℃くらいの除湿設定で、充分に体を冷やすことができます。扇風機を併用することでさらに効率よく部屋を冷やすこともできます。

エアコンの風が辛いと思う場合には、保冷材や凍らせたタオルなどを首の後ろ側や脇の下など、体温を下げやすい場所に当てることで快適な睡眠環境を作ることができます。ただし、手足など体の末端部分は、冷やすことで代謝が良くなり、逆に熱を帯びる場合があるため、あまり冷やさないように注意が必要です。

就寝前にリラックス

布団に入る前には、ゆったりとリラックスした状態を作ることが大切です。

ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって、一度体温を上げておくことで、寝る前に体温が下がりやすくなります。簡単なシャワーで済ませるよりも体の調子を整えやすいので、夏バテ気味の方は長めのバスタイムをとることがおススメです。

他に、寝る前はスマホやPCの操作は控えて、ゆったりと音楽を聴いたり本を読むことでリラックスすると、穏やかな気持ちで眠れます。夏の暑さで疲れている時には我慢せず、一気に眠ってしまいましょう。

おわりに

夏の間に疲れ切った体は、早いうちに改善しておかないと、気候が安定した秋になっても引き摺ってしまいます。過ごしやすい季節を存分に楽しむためにも、今から体のケアをしておくことが必要です。

最後に、最近電気代について興味深いことを耳にしませんか?夏も終わりを迎えておりますが、エアコン付けっぱなしの方が電気代を節約できるって知っていますか?

エアコンなどの暑さ対策で電気代がかさむ夏。家電に関する電気代節約のウソ、ホント

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら