UVカットもやりすぎは危険!?質の良い日焼けでバランス良い肌を手に入れよう!

暖かくなってくると、出掛ける機会も多くなってきますね。散歩したり、観光やレジャーに出掛けると気になるのが、紫外線。最近では体に有害とされる紫外線を完璧にシャットアウトできる日焼け止め日よけグッズがたくさん出ていますが、日光を遮り過ぎるのも肌にとっては良くないということをご存知ですか?過度な遮光は、逆に体を弱くしてしまう危険もあるのです。今回は、紫外線が肌に与える様々な効果と、バランスの良い日焼けの方法をご紹介します!

良い日焼けと悪い日焼けについて

日焼け、と一言で言いますが、その焼け方には色々なタイプが存在します。個人の肌質や体質によっても違いますが、綺麗に小麦色に焼ける人もいれば、真っ赤になって水ぶくれや皮剥けなど、火傷の跡みたいになってしまう人もいます。

綺麗にこんがり焼ける日焼けをサンタニング(良い日焼け)、火傷状態になる日焼けをサンバーン(悪い日焼け)と呼びます。

サンタニングは、紫外線をうまく皮膚に当てることで、メラニン色素を肌の表面に定着させることで綺麗な小麦色を作り出しています。そのため、肌に余計な負担をかけずに、健康的に保つことができるのです。

サンバーンは、強い日光を急に浴びることで肌が熱に負け、火傷と同じ症状を引き起こします。肌の表面へのダメージが大きく、剥けた皮の下から見える新しい皮膚にまでダメージを通すため、皮膚がんになる確率も高くなります。

皮膚へのメラニン色素の定着も部分によってムラが生まれ、シミやそばかすの原因にもなってきます。日焼けによる紫外線が肌に良くないと言われる理由は、このサンバーンの日焼けによって肌がダメージを受けるからなのです。

吸収しておきたい紫外線

近年の情報拡散で、「紫外線は体に悪いもの」という常識が定着してしまっていますが、日光は紫外線も含めて、人間の体を健康に強く保つために必要な成分を与えてくれることも事実です。

紫外線(UV)にはいくつかの種類があり、日光を通して浴びることで、皮膚の中にある細胞を活性化させる作用があります。細胞が活発に動くことによって免疫能力が高まり、強い体を作ることができます。

また、ホルモンバランスを安定させたり、心の健康を維持するセロトニンの分泌にも効能があるため、心身を健康に、正常に保つためには欠かせない物質でもあるのです。

ただし、紫外線は浸透力が強く、肌を通してさらに体の奥にまで強い影響を与えてしまう危険もあります。長時間紫外線を浴び続けると、体内の細胞にダメージを与えて皮膚病やがんを引き起こす原因にもなるため、大量の紫外線を受けることは厳禁です。

紫外線をとことん防いでしまうと、皮膚の細胞の活動が弱まって免疫力が落ちてしまいます。そのために病気になりやすくなったり、体が弱くなるなど別の面でのデメリットが生じてしまうのです。

適度な紫外線を浴びて、肌のバランスを整えてあげることが何より大切です。

日焼けはバランスよく時間をかけて

綺麗に健康的な焼き方をするためには、慌てず急がずが鉄則です。冬の間や、極端な紫外線対策で守られてきた肌には日光の強い熱は刺激があり過ぎて、火傷を起こしてしまいます。最初のうちは弱い日光に肌を当てながら、時間をかけて慣らす必要があります。

日光や紫外線が強くなる時間は、昼間です、午前10時頃から昼の3時くらいまでが、最も紫外線が強いとされています。なのでその時間帯を避けて、早朝や夕方の頃の日光を浴びるところから始めてみましょう。

特に早朝の日光浴は体内時計を正常に整える効果もあるため、オススメですよ!

紫外線に慣れてきても、強い日光を直に浴びるとダメージが大きくなるので、少し弱い日焼け止めクリームやサンオイルなどを活用しましょう。浴びる時間も、最初は短く、徐々に長くしていくことで肌への負担が最小限に抑えられます。

一日で一気に焼いてしまうのではなく、一週間くらいかけてじっくりと肌を馴染ませていくことが、健康的に綺麗に日焼けをするポイントです!

オススメの紫外線対策グッズ

ある程度日焼けを楽しんだ後は、過度の紫外線から肌を守るために対策も必要です。オススメの紫外線対策は、やっぱり日焼け止めクリームでしょう。クリームも種類によって紫外線をカットできる効力に差があるため、自分の肌に合ったものを選ぶのが最適です。

絶対に焼かない強いクリームよりは、それなりに紫外線の吸収を抑えられるレベルのものが良いです。単純に紫外線を防ぐだけでなく、日光によって奪われた水分やビタミンなどを補充してくれるものは、気持ちよくて大変便利ですよ!

紫外線対策としては、肌よりも目など、直接ダメージを受けやすい場所を守るほうが大切です。炎天下の屋外を歩くのであれば、サンシェードやサングラスを着用すると安心ですね。

最後に

日焼けを避けるあまり、外出するのに腕カバーが欠かせない、なんて人も多いかもしれませんが、せっかく綺麗に保っている肌を外で存分に見せられなければ、お出掛けも楽しくないですよね。

白い肌のほうが綺麗に見えるという考えも、もちろんありますが、実際は小麦色に焼けた肌のほうが体が引き締まって細く見えるなど、良いことも多かったりします。今年の夏は程よく日焼けして、健康的な肌作りに挑戦してみませんか?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら