ティーバッグで大丈夫!美味しすぎる紅茶の入れ方とは

スポンサーリンク
728×90

みなさんはコーヒー党ですか?それとも紅茶党ですか?私は押しも押されもせぬ紅茶党なのですが、最近の世間はコーヒー党ばかりなのをひしひしと感じます。コンビニで売られている淹れたての飲み物はすべてコーヒーです。ドトールやスターバックスなど、コーヒーの喫茶店はたくさんあっても、紅茶の喫茶店はほとんど見かけません。世のコーヒー党に対抗するために、今回はお手軽で美味しい紅茶の煎れ方をご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。

紅茶を飲む前の事前知識

紅茶は空気を含んだ軟水で、できるだけ100℃に近い温度で煎れるのが一番美味しい入れ方です。つまり汲みたての水道水を沸騰させて、お湯の温度が下がらないよう、事前に温めておいた容器で煎れる必要があります。また、容器に蓋をして保温をしておく必要があります。

今回は、それをお手軽にこなす方法を紹介します。

用意するもの

  • マグカップ
  • マグカップ用シリコン蓋(100均で買えます)
  • ティーバッグ紅茶(一袋で150mlのお茶を淹れる換算、マグカップなら二袋程度)
  • 電子レンジ

美味しい紅茶を入れる方法

まず、お湯を沸かします。お湯を沸かしている間に、マグカップの内側を濡らし、これを30秒ほど電子レンジにかけます。こうすることでマグカップが熱々に温まり、お湯を注いでもお湯の温度が下がりにくくなります。

マグカップにティーバッグを入れ、お湯が沸騰したらすぐマグカップに注ぎます。すかさず蓋をして、ティーバッグの葉が細かい葉や丸っこい葉(CTCといいます)なら1分から1分半ほど、大きい葉(フルリーフ)なら2分半から3分ほど待ちます。

時間がたったら蓋を開け、ティーバッグをお湯の中で数回揺らして、マグカップの中にしずくをよく切って落としてください。なぜなら、紅茶の茶葉の最後の一滴はゴールデンドロップと呼ばれ、紅茶の一番美味しい成分を含んでいるとされているからです。

これで美味しい紅茶の出来上がりです。ゆっくりと楽しみましょう。

もし煎れ方に失敗したら

もし紅茶が濃すぎて、渋みがひどい場合は、牛乳をすこし足してください。牛乳が紅茶の渋みをカバーしてくれ、紅茶の香りだけがいっぱいに広がります。

もし紅茶が薄すぎて物足りない場合は、砂糖と、できればレモンを入れて濃いレモンティーにしてしまいましょう。多少ジュースのような味になってしまいますが、おいしくいただけるはずです。

まとめ

以上、ティーバッグでもできる紅茶の美味しい入れ方について紹介しました。もし濃い目の紅茶が好きな場合は、茶葉を増やすのではなく、煎れる時間を少し長くしてください。逆に薄い紅茶が好きな場合は、煎れる時間を少し短くしてください。個人的には、濃いめに入れたアールグレイで作るミルクティーがおすすめです。

それでは、楽しい紅茶ライフを!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら