ケールや明日葉、大麦若葉。美肌にも効果的な青汁の基礎知識と美味しい飲み方

スポンサーリンク
728×90




みなさんは健康維持のために何をしていますか?運動や栄養バランスがとれた食事、サプリメントを活用するなど、さまざまな方法を試しているのではないでしょうか。そんな中で筆者がおすすめしたいのが、栄養価の高い青汁です。青汁は苦味が強くて苦手という方も少なくないでしょう。しかし、現在では飲みやすいよう工夫された青汁製品も少なくありません。そこで、今回は身体に良い青汁の基礎知識をご紹介します。

青汁とは?

青汁は、生の葉野菜を搾った栄養価の高い飲み物です。グリーンスムージーとは違うの?と勘違いされる方もいますが、グリーンスムージーは生の葉野菜にフルーツを加えミキサーにかけたものなので、より飲みやすくしたものとなります。

野菜不足や食事では補えない栄養分を青汁で補うことができ、健康維持や美容目的のために飲む方も多いです。野菜は熱を通すと栄養価が下がるため、生の野菜を摂取したい人にもおすすめと言えるでしょう。

青汁の効果

身体に良いとされる青汁ですが、具体的にどのような効果があるのでしょう。青汁には、主にビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンAとビタミンCは、健康と美容に重要な役割を果たし、食物繊維は便秘解消に効果があります。

特に緑黄色野菜を使った青汁は抗酸化物質を含んでおり、さまざまな身体の不調の原因と言われる活性酸素から身体を守り、免疫力を高める効果が期待できるのです。

青汁の原材料

青汁の原材料は、

  • 「ケール」
  • 「大麦若菜」
  • 「明日菜」

の3種類が主に使われています。全ての材料を使用している青汁もあれば、どれか1種類のみの場合もあります。原材料の名前だけ見ても、どのような効果があるのか疑問ですよね。

それでは、それぞれの原材料の特徴を見てみましょう。

1:ケール

ケールは、大麦若菜と明日菜の3種類の中で、群を抜いて栄養価が高いと言われています。栄養バランスに優れていますが、独特の風味や苦味があります。

2:大麦若菜

最近の青汁製品の中で、最もポピュラーに使われているのが大麦若菜です。苦味な少なくほのかな甘みがあるため、青汁特有の苦味がイヤという人にも飲みやすいでしょう。

大麦若菜には、しみやシワの原因ともなる活性酸素を抑える作用があるため、美容にも良いと言われています。

3:明日菜

生命力が非常に強いと言われている明日菜。ケールほどではありませんが、栄養価が高い原材料です。疲労回復や脂肪燃焼を促す効果があり、美容と健康維持にピッタリです。

このように、原材料によって特徴が異なります。栄養価を重視するならケール、飲みやすさを重視するなら大麦若菜か明日菜が配合された青汁がおすすめということです。

青汁は美肌効果もあり?

美容目的として青汁を摂取している方も少なくありません。ビタミンとミネラルが豊富な青汁は、美肌にとても良いと言われています。とくにβカロチンとビタミンCは、美肌ビタミンと言われるほど美容効果に優れているのです。

さらにビタミンCには、シミを抑えたりコラーゲンを生成したりする効果もあります。青汁は食物繊維も豊富なため、腸内環境を整え便秘解消にも優れています。腸内環境が悪化すると、身体全体の機能が低下し、本来肌が持っている機能も低下してしまいます。

肌の機能が低下するとターンオーバーが乱れ、肌の乾燥や痒み、肌荒れ、肌の炎症を引き起こす可能性もあるのです。

青汁の美味しい飲み方

どうしても青汁が苦手という方は、青汁と相性の良い飲み物を混ぜて飲むのがおすすめです。一般的に、牛乳や豆乳、ヨーグルト、野菜ジュース、フルーツジュースなどに混ぜて飲む人が多いようです。グリーンスムージーにして飲むのもひとつの手です。

苦味が気になる人は、甘みのある蜂蜜やメープルシロップ、オリゴ糖と混ぜると口当たりがよく飲みやすいです。

青汁独特の臭いが気になる人は、オレンジやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘系のフルーツを混ぜると、青臭さが軽減します。

また、最近では飲みやすさを重視して、抹茶味やフルーツのような甘い味に仕上げている青汁もあるので選択肢の幅も広がりますね。

どうしても苦手だけど続けたい…そんな方はサプリメント!

青汁の苦味や独特の風味が苦手で飲みにくいという方は、粒タイプのサプリメントがおすすめです。一気に飲みこめるので、苦味や臭いを気にする必要もありません。

また、青汁は継続し続けることで健康を維持する効果があるため、外出先でもすぐ飲めて持ち運びにも便利です。

サプリメントは、青汁を続けたいけど味や飲みにくさなどの悩みを解決してくれるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?青汁は前から気になっていたけどまだ挑戦していないという方は、手軽に試すことができるコンビニやドラッグストアで購入してみてはいかがでしょう。

一方で、コンビニやドラッグストアで販売している青汁はごく一部であり、ほとんどはインターネットなどの通販となります。

原材料や産地、コストパフォーマンスなどこだわりがある方は、じっくり商品説明を呼んで探してみて下さいね。無理なく続けられる青汁と出会えるといいですね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら