気軽にできる!道端の花や草木でグリーンライフ♪

スポンサーリンク
728×90




おうちの中に、生花があるのはとても気持ちのいいものです。お花屋さんでみかけた季節の切花を買ってきて花瓶にいける。部屋の空気が澄み、明るくなった気がします。けれど、お花屋さんで売っているものでなくても、生活の中に草花を取り入れる、素敵な暮らしをしている方がいます。

花盗人は泥棒にあらず???

よそのお宅の庭木や草花を盗むのは犯罪ですが・・・「花盗人」とは、桜の枝を盗み折ろうとして捕らえられ、桜の幹に縛りつけられた男が、歌を詠んで、その風雅のゆえに許される、という狂言です。昔は、花を買うお金のないものが、あまりの美しさに桜の枝を一枝折って、もって帰ったとしても、許されていたのかもしれません。しかし現在は、よそのお宅のお花や植物を勝手に持っていったら泥棒ですし、公共の場の植物でも、同じことが言えます。

散歩をしよう!!

そんな中、数年間、お金をかけずに、木々や草花をお部屋やトイレに飾っている方がいます。その方は、ご自宅のお庭の木の枝や花はもちろんですが、ご近所を散歩しながら、道端の草木や街路樹の伐採された枝、田畑のあぜ道に咲いている野の草花などをお部屋やトイレに飾っています。そのセンスが素晴らしいのです。花瓶は、100円均一で売っている、ガラスのコップや竹細工の筒など小さめのもので、そこに、20センチ程度の小さな枝やねこじゃらしや、今の季節だと、赤や黄色に色づいた葉などを飾っています。

私も挑戦してみました。

はじめは簡単だと思っていたのですが、これが結構センスを問われるのです。同じような花を集めても、ちっとも素敵に見えません。木の小枝も、その葉の形や大きさ、枝の長さ、太さで違いますし、その小枝に合う2~3種類の草花をどのようなものにするか・・・散歩をしたり、休日に川原へ行ったりしてみましたが、どこにでもあると思っていた2~3種類の小枝と草花がなかなか見つかりません。草花も木々もたくさんあるのですが、組み合わせて飾るとなると、以外と難しいのです。秘訣を伺ってみましたが、にこやかに「慣れ」と言われました。

それから、散歩が楽しくなりました。この枝は、葉の色がきれいだな。形がおもしろいな。葉の付き方のバランスがいいな。これと思う枝に出会うと嬉しいものです。そして、その枝に合いそうな草花を探しながら歩くのです。そして、自己満足ですが、ダイニングのテーブルの上に、そのときの気分でガラスのコップやワインのボトル、100円均一で買った入れ物に入れて、飾っています。はじめの頃より、センスがアップしたような・・・?

(くれぐれも、他所のお宅のものや、公共の花壇にあるようなものは、絶対に持ち帰らないでくださいね)

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら